トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

営業マンで靴を脱ぐときの匂いが気になる方へ!匂いも立派な身だしなみです!営業マンは最低限の身だしなみは必ず整えよう!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

台風が直撃するというニュースを見てビビりまくって買いだめした僕です。

なんと言っても、地球史上最大って言われたらやばいですよね。

 

とにかく備えあれば憂なしですし、本日仕事がある方は有給などを使ってなるべく不用意な外出は避けるようにしましょう。

人間は自然には逆らえない生き物なので、とにかく耐えるしかないですね。

皆さんの無事を祈っております。

 

 

ということで本日もブログを書いていきたいと思っているのですが、私は営業マンとしてずっと活躍しております。新規営業でテレアポから訪問営業を行ったり、インサイドセールスなどの経験もあり、大型の法人営業の開発案件などの経験もあります。

前職の営業会社ではトップの成績を残すことができました。

そんな経験から営業やビジネスに対してのノウハウをこちらのブログで発信していきます。

 

今回はそんな営業での身だしなみについて書いていきたいと思います。

営業マンの身だしなみは本当に大事です。

いくら商材やサービスが良くても営業マンが全然だめでしたらお客様は契約してくれません。

そしてお客様も人間ですから営業マンの第一印象というのはいうまでもなく大事なものになっています。

営業時の第一印象はその営業マンの身だしなみで変わってくると言っても過言ではないですね。

なので、身だしなみにこだわっていない営業マンで成績がいい人は見たことがないですね。

 

営業マンとしての最低限の身だしなみを整えよう

f:id:imawoikiru2202:20190923162226p:plain


 

この世の中、言いたくはありませんが、外見での印象が8割を超えてくると思います。

よく顔は気にしないという人がいたりしますが、あれば残念ながら嘘です。

実際は顔を見てから内部を見られるわけですから。

もちろん、内部をそれで見られないというわけではありません。

 

営業マンは特に身だしなみで最初の印象8割決まっていると思って間違いないです。

つまり、身だしなみが整ってなくてお客様が不快な思いをしたら、そのお客様は商談する前からこの営業マンから商品を買わないと決めているケースがあります。

それくらい大事なことなのです。

では具体的にどのようなことにこだわっていけばいいのか書いていきます。

 

営業マンに適切な髪型

 

 

営業マンの髪型は大事です。

基本的には短髪の方が清潔感も出ていいでしょう。

坊主であったり、長髪であったり、お洒落なパーマなども人によっては不快感を与える可能性があります。

何事もマイナスからスタートするのは良くないので、短髪がいいです。

フケがついているのもだめなので、そこもしっかり気を使っていきましょう。

 

営業マンに適切なスーツ・靴

 

営業マンのスーツは勝負服なので、安物というよりは少し良いものを購入した方がいいでしょう。何も高級なものを買えというわけではありません。

少しだけ高いものを買いましょう。

そしてなるべくスマートなスーツの方がいいですし、あまり派手目な色はオススメしません。ここは自分の顔や体格の相性とも変わってくるので、具体的にはその人のセンスにもなってくると思いますが、ダボっとしているスーツだったりしわが目立つスーツだったり、シミがついているスーツは論外です。

営業マンにとっての勝負服なので、クリーニングに出したり、自分でアイロンをかけたりするようにしましょう。

 

ここで大事なのがスーツだけにこだわるのではなく、靴にもこだわりましょう。

靴は意外に見られていることが多いものです。

傷ついていたり、履き古していたり、かかとを踏んだ後が残っているは論外です。

ここも意識していきましょう。

靴はこちらからの購入をオススメします。

 

リーガル公式通販サイト【シューズ・ストリート】

営業マンの適切な手先、髭

 

営業マンの手は非常に見られることが多いです。

例えば、爪が伸びているなんていうケースも相手に不快感を与える可能性があります。

あとは肌荒れをしているケース、肌がカサカサになってしまっているケースもあまり良くないですね。

保湿クリームなどをこちら使いましょう。

あとは髭は必ず剃りましょう。今髭を生やしている営業マンが多数見られますが、髭に対して特に女性は不快感を覚える方は多いです。

お洒落でやっていると思っているのは男性側だけの可能性もありますので、そこは気をつけていきましょう。

 

営業マンに適切な匂い・足の匂いは大丈夫ですか

何も外見の見えるところだけが身だしなみではありません。

匂いも立派な身だしなみです。

 

普通に考えてください。電車で座っている時に隣に座ってきた人が匂いがきつかったらとにかく離れたくなりますよね。

それは誰でも一緒です。

匂いも相手に不快感を与えたり逆に良い印象を与えるきっかけになります。

 

匂いといったら香水などで気をつける人もいるかもしれませんが、香水も匂いによっては相手にきつい印象を与えます。

極力無臭でほんのり柔軟剤の匂いがしているくらいが良いでしょう。

 

 

そしてここで気をつけなければならないのが、足の匂いです。

営業マンは基本革靴だと思うので、足がむれてしまうんですね。

なので、訪問営業などで家にお邪魔する場合、もしくは会食で座敷の席で靴を脱ぐ場合などは気をつけたいですね。

足の匂いが気になるなという方はこちらの商品で解決ができます。

ぜひ試してみてください。

 

 靴の匂いを消してしまえば良いのです

 

【NULL シューパウダー】

 

終わりに

 

どうでしたか?ここで出した身だしなみは一部なので、もっと細かく気を使えば色々出てくると思います。

ただ、最低限上記の身だしなみくらいは気をつけたいですね。

 

営業マンの身だしなみを整えるだけで成果が変わるかもという事もあります。

今一度自分の身だしなみについて考えていきましょう。