トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

サラリーマンが不自由という迷信!フリーランスが自由という過信!働き方改革において自由とは?

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

いつまでも世間の話題である、働き方の模索ですね。

それは昔であれ今であれ少なくとも必ずあったはずなんです。

 

最近になってようやく世間が働き方を見直すようになり、

働き方に注目される時代になりました。

 

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

 

実際最近になってからでないでしょうか。

様々な働き方があるようなことをメディアで取り上げるようになったのは。

 

 

確かに今でこそ特にそうかもしれませんけど、実際に働き方というのは様々です。

 

そして今の時代、特に「好きなことで生きよう」を合言葉にフリーランスをオススメする人が増えていますね。

 

好きなことで自由に生きれたらそれは楽しいですよね。

でもそれって自分の人生において何を自由に置くか、何が不自由と思えるかだと思うんです。

 

サラリーマンは不自由?

f:id:imawoikiru2202:20181227130821j:plain


 

よくサラリーマンになったら自由な生活はない。

一生社畜だ!

というイメージが強いかもしれません。

 

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

 

でも私はそう思いません。

それって逆に狭い価値観だなと思っています。

 

 

皆さんがイメージしている自由ってどんなイメージですか?

何もかも自分で決められるイメージですか?

好きな時に好きなことができるイメージですか?

 

でも実はそれってサラリーマンでも出来るんです。

どうやればいいか。

 

それはある程度の成果を出したり、有給を使ったり、休職という制度には会社にはあったりして実は出来てしまうんですよね。

 

むしろ、そういう制度があって自由なことが出来て、その自由なことが終わったら、また会社で仕事が出来るなんてめちゃくちゃ良くないですか?

 

それこそ僕は自由だと思っています。

 

これはサラリーマンが不自由だという迷信から来ているのです。

 

もちろん、会社や上司によって価値観は変わってくるのでそういう自由な選択が出来ないというのであれば、出来る会社に転職すればいいだけなんです。

 

 

サラリーマンってリスク少なく仕事を簡単に変えれるんですよ。

フリーランスはそこがリスクありすぎてなかなかできない。

 

しかも会社員はお金貰いながら教えてもらえるんです。

そんな自由な環境ないですよ。

 

自由を何に置くかですね。

 

フリーランスは自由?

f:id:imawoikiru2202:20190102124103j:plain


 

よくフリーランスの人が会社員でいる理由が分からないとか、こんな自由な生活があるのに会社員なんて辞めた方がいい理由しかない。

と言われることが多いです。

 

でもね、それは人それぞれの価値観なんですよ。

別にフリーランスだから自由というわけでもないんです。

 

フリーランスは1から全部自分でやらなければならない。

経費計算から事務手続きや仕事の受注や納品・サポートまで全て自分でやらなければならない。

 

時には自分のやりたくない仕事を請け負うこともあるでしょう。

 

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

確かに物理的な自由というのはあるかもしれません。

明日何をしててもいいし、何もしなくてもいい。

 

でも逆に何かしなければお金も入ってこないというのがフリーランスです。

 

それもそれで仕事に振り回されそうな気がしませんか?

本当に心の中で自由な生活は送れるでしょうか。

 

サラリーマン×副業が今は良い!働き方改革において自由とは?

 

以前もサラリーマン×副業が一番良いというお話をさせていただきました。

imawoikiru2202.hatenablog.com

 

こちらの記事ですね。

ぜひ読んでみてください。

 

サラリーマン×副業が一番安定しているし、自由だと思っています。

 

では今の働き方改革での自由とは何か?

 

私は、収入の柱の数と自分がやりたい仕事をやるということだと思います。

 

確かにサラリーマンだけの給料だと何をやるってなった時に少なかったりします。

それプラスで何か収入の柱を持っていると非常に安定的ですね。

 

そしてサラリーマンだからこそ、自分のやりたくない仕事をやるのではなく、

自分のやりたい仕事を積極的に行うようにしましょう。

 

終わりに

 

どうですか?

今だからこそ、自分にとっての自由とは何か?

これを考えるべきなんではないでしょうか。

 

これから何年か働くんだから、自分の好きに生きていけるようにしていきましょう。