トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

シンガーソングライターの加藤ひろあきが結婚!お相手は?加藤のヒット曲は?なぜインドネシアで活動?

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

すごい温かいニュースが最近は多いですね。

やはり世の中でも様々なハッピーなニュースというのは溢れていますね。

今回も取り上げていきます。

 

ミュージシャン加藤ひろあきが結婚!!

f:id:imawoikiru2202:20190904222749j:image
シンガーソングライターであり、現在インドネシアで翻訳家として、時には大学の講師として活躍している加藤ひろあきさん(36)が結婚し、ジャカルタで挙式をあげたことが発表された。

 


加藤ひろあきさんは東京都小金井市出身のシンガーソングライターで、現在はインドネシア在住。東京外国語大学インドネシア語を専攻して、在学中に音楽活動をスタートさせた。はじめはストリートライブや地元のライブハウスなどで歌っていた。アコースティックギターウクレレをかかえて歌うその音楽スタイルは、メロウでナチュラルでいながら何処か涼しげな風が吹いているようだ。

その優しいボーカルスタイルやディレイを多用したサウンドはハワイのジャック・ジョンソンやブラジルのジャバンを彷彿とさせる。


結婚したお相手はどんな人?

f:id:imawoikiru2202:20190904222806j:image


加藤さんの気になるお相手は、現地インドネシアで大人気の(mocca)というバンドのボーカルを担当しているアリーナさんだ。アリーナ・エフィパニアさんのバンド(mocca)はインドネシアだけでなくマレーシアやシンガポール、ここ日本でも知られている、結成20年を迎える大御所だ。カーディガンズクラウドベリージャムの様なスウェディッシュポップを想わせる、オシャレで少し懐かしい様な上質なポップスを聴かせてくれる。


もともと(mocca)のいちファンだったという加藤さんとアリーナさんが出会ったのは今から11年前。そこからお互い忙しく活動しながらも愛を育み、この度めでたくジャカルタにて挙式を挙げた。2人の幸せが末永く続くことをお祈りしたい。


加藤ひろあきのヒット曲は?

f:id:imawoikiru2202:20190904222813j:image
加藤さんは2014年にインドネシアジャカルタに活動の拠点を移している。beginや夏川りみさんによって知られる名曲(涙そうそう)のインドネシア語バージョンがスマッシュヒットしている。また、たくさんの素晴らしいオリジナル楽曲を持っていて今までにオリジナルアルバムを1枚、シングルを4枚発表している。


なぜインドネシアで活動しているの?

 


加藤さんがインドネシアに留学していた2006年に、死者5000人以上、負傷者2万人以上もの犠牲者を出したあのジャワ島中部地震が発生してしまう。加藤さんはその中で、助かった自分には何が出来るのだろうと考えて、ボランティア活動をはじめる。現地の学生と共に救援物質と、自らの音楽を被災地に届けようという活動だ。

 

その時加藤さんは音楽を仕事にしていく事を決めたという。そうした活動を経て上述の通り、加藤さんはインドネシアに2014年に移住している。インドネシアでの音楽活動に成功の可能性を見出したのだ。


現在は吉本興業インドネシア支部の代表も務める加藤さんは、日本にいる時からインドネシア関連のイベントに参加したり現地のライブに参加したりと、活動の拠点を移す準備を着々と進めていたのかもしれない。そして勿論、そこにはアリーナさんの存在が大きかったのだろう。


加藤ひろあき結婚!のまとめ


ミュージシャン同士での結婚は割と多いが、国籍を超えたミュージシャン同士の愛の絆とは、なんとも素晴らしい。お互いに大変な事もわかるだろうし、理解しあえるのだと思う。
そして今回筆者が思ったのは、人生にはいくつもの分かれ道があり、そこで人はみんな選択を繰り返しているのだという事。その分かれ道がやがて大きな違いとなり、その人の人生に影響を与えてしまう。加藤さんも日本で活動していく可能性と、インドネシアに拠点を移して活動するというの分岐点に差し掛かった時に、インドネシアでの路を選択したからこそ、今回このおめでたい結婚という今がある。
正解なんてない。何が良くて、何が悪いかは本人がずっと後に感じる事。でも、大切なのはその分岐点分岐点でしっかりと自分と向き合い、自分が何をしたいのか、あるいは何をしたくないのか、その為には何をするべきかをしっかりと自問自答する事では無いだろうか。話しは脱線してしまったが、加藤さん、アリーナさんおめでとうございます!!