トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

ドラマ「グランメゾン東京」でキスマイ玉森がキムタクと初共演!あらすじと原作は?人物相関図を踏まえて!役どころは?

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

今夏のドラマがだいぶ人気で盛り上がっていますが、

10月からのドラマも何をやるのかそろそろ気になる時期でもありますよね。

 

恐らくこのドラマは一躍注目されるのではないかというドラマを紹介していきます。

 

 

人気アイドルグループ、キスマイの玉森がキムタクと初共演!!

f:id:imawoikiru2202:20190826105516j:image
キスマイの玉森がスゴイ!と話題だ。何が凄いのか。

今回TBS系の日曜ドラマ「グランメゾン東京」で、事務所の大先輩でもある元SMAP木村拓哉との共演が決まったのであるが、SMAPのファンがそこに激しく反応しているのだ。

 


玉森は実は、今まで木村以外のSMAPメンバー全員と共演をしており、今回の出演で遂にSMAP全員との共演を果たしたことになるのだ。


SMAPを制覇した玉森であるが、ドラマデビュー作は香取慎吾主演の「幸せになろうよ」である。玉森は黒木メイサの弟役で、引きこもり気味の高校生を演じた。


その後中居正広とはTBS系の日曜劇場「ATARU」で共演している。ここでも玉森はヒロインの弟役を演じている。稲垣吾郎とは「信長のシェフ」で共演している。

玉森はこの作品が初の連続主演ドラマとなった。(稲垣は明智光秀役で特別出演)草なぎ剛とは「銭の戦争」で共演している。

ファンはSNS上で今回達成されるSMAP全員とのドラマ共演を喜んでいる様子だ。

 

 

期待のドラマ「グランメゾン」そのあらすじと原作は?

f:id:imawoikiru2202:20190826105537j:image
ドラマのあらすじを見てみよう。

木村拓哉が演じる主人公はフランス料理のシェフで、腕は間違いなく良いが人間的に癖が強い。

そんな主人公はパリで2つ星を獲得するほどのレストランをもつも、自らの招いた事件によって失脚してしまい店も仲間も無くしてしまう。

 

どん底をみた主人公が鈴木京香が演じる女性料理人と出会い、また立ち上がって世界最高のレストラン「グランメゾン東京」を作っていこうとする物語だ。
「グランメゾン東京」の原作は、調べてみたところ無いようだ。黒岩勉による書き下ろしの脚本が原作という事になる。

 

人物相関図を踏まえて!玉森の役どころは?

f:id:imawoikiru2202:20190826105544j:image
登場人物を改めて見てみよう。

主人公のフレンチシェフ尾花夏樹を演じるのは、これが令和最初の主演となる木村拓哉だ。

 

そして、尾花の相棒となる女性シェフの早見倫子を演じるのは鈴木京香。尾花に声をかけられ一緒に「グランメゾン東京」を立ち上げるヒロインだ。

 

そして注目の玉森が演じるのはフランスで尾花のもとで修業し、現在は一流ホテルで最年少シェフとして活躍する料理人、平古祥平だ。

 

尾花のライバル役として登場する1つ星レストラン「gaku」のシェフ、丹後学を演じるのが尾上菊之助だ。

そのレストラン「gaku」のギャルソンで、尾花がパリで店をやっていた時の共同経営者であった、京野隆太郎に扮するのが沢村一樹。そしてかつてパリで尾花と共に働き、現在は人気料理研究家として活躍している相沢瓶人役には及川光博というキャストになっている。


玉森が演じる平古祥平は、もともと尾花に憧れていて、フランスに渡り尾花のもとで修業をしていた。尾花の料理人としての才能とその慢心さもよく知っている彼の存在は物語の中で決して小さく無いだろう。玉森は今回若手シェフという役作りの為に、必死に料理の勉強をしているそうだ。

 

キスマイ玉森がキムタクと初共演!のまとめ


改めて思ったのは、あの国民的スターであったSMAPの全メンバーと共演できるということは、決して運だけでは無いということだ。常に与えられたチャンスをものにする為、その時に必要とされることを自分で考え、そして難しくともその為に出来ることを直ぐに行動する。これは何も、俳優や芸能に限った事では無い。どんな仕事にも当てはまるのではないだろうか。


彼が選ばれ続け、ドラマに出続けているのはやはり頭を使い、努力を続けているからなのだろう。そして玉森も言っているが、緊張もするが、何よりも楽しみたいと。そう、何事も楽しもういう気持ちで取り組む事が大切で、それが良いエネルギーとなり、結果的に良い仕事になっているのかもしれないと、筆者は思う。