トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

田中聖、弟・SixTONES田中樹のデビューを祝福!グループのメンバーは?田中樹のファンクラブは?デビュー曲は?

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

芸能人の兄弟はやはり影響を受けて芸能界に入るケースが多いですよね。

そんなこと取り上げて記事を書いていきます。

 

 

田中聖の弟・田中樹が所属する「SixTONES」のデビューが決定!!

f:id:imawoikiru2202:20190822141530j:image
元アイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーの田中聖(こうき)さんの弟・田中樹(じゅり)さんの所属するジャニーズJr.内のグループ「SixTONES」が2020年にメジャーデビューする事が正式に発表された。


これは、先日行われたジャニーズjr.の単独公演で発表されたもので、同グループはソニーミュージックから、同じジャニーズJr.内の「SNOW MAN 」はエイベックスからそれぞれCDデビューするという。

 


それを受けて、兄でタレントの田中聖さんがツイッターを更新しおめでとう、これからがスタートだよとお祝いのメッセージを送った。


田中聖さんといえば、ジャニーズ事務所から違反行為で契約を解除されKAT-TUNを脱退後、バンドINKTで活動をしていた。

しかし、大麻での逮捕などもあり、2017年にバンドは解散。


その後、再び音楽活動を再開し現在は精力的にツアーなどを行なっている。先日くも膜下出血のため亡くなったジャニー喜多川さんについては、ブログで追悼コメントを発表するなど感謝を示していた。


田中家は5人兄弟で、長男と五男は一般の方だが、次男が聖さんで、三男の彪(ひょうが)さんは俳優として活動している。

そして樹さんは四男で、お母さんが沢田研二さんのニックネームの(ジュリー)からとったと言われている。五男の彗(すばる)さんが高校野球で甲子園のマウンドに立った時にはスタンドで応援する聖さんはじめ家族の姿が目撃されている。


また、それぞれのSNSなどでは家族の写真やお互いにメッセージを送る様子が見られ、ファンからはその家族想いなところや兄弟愛が賞賛されている。


SixTONES」そのメンバーは?

f:id:imawoikiru2202:20190822141545j:image
ジャニーズJr.内の人気グループとして活動をしてきた彼らについて紹介していこう。

もともとはhey!say!jumpなどのバックでダンスを踊っていたメンバーの中から選ばれた6人で活動を始める。紆余曲折を経て2015年6月に正式に結成。

 

 

名前の呼び方も初めは「シックストーンズ」であったが、のちに「ストーンズ」となる。


メンバーはまずクールな感じの松村北斗さん。メンバーカラーは黒だ。知的で落ち着いた印象がよくあっている。


そして184㎝とグループ1の高身長でハーフのジェシーさん。メンバーカラーは赤。自然体で優しい感じの彼らしい色だ。


メインボーカルをとる京本大我さんのメンバーカラーはピンク。お父さんの京本政樹さんを思わせるセクシーさの ある彼にはよくあってる色だ。


そして田中樹さんだ。グループでは兄譲りのラップを担当する彼のメンバーカラーは青。一般女性を痴漢から助けた事もあるという正義感の強い彼にぴったりな色だ。


グループの末っ子、森本慎太郎さんのメンバーカラーは緑。森本さんのお兄さんは元hey!sey!Jumpの森本龍太郎さんという事。兄弟でジャニーズというのも最近は多いようだ。


そして最後は1番の年長者、高地優吾さん。メンバーカラーは黄色だ。黄色といえば黄レンジャーなど、ちょっとオッチョコチョイのイメージがあるが、高地さんは落ち着いた、笑顔がステキな安定感のある人だ。


田中樹のファンの反応は?気になるデビュー曲は?

f:id:imawoikiru2202:20190822141555j:image
グループではmcとクールなラップを担当する田中樹さんのファンは、デビューおめでとう!インタビューでの男泣きに惚れた!と、sns上で祝福のコメントが多く見られた。


SixTONES」の気になるデビュー曲は今のところ公式には発表されていないが、ファンの間では「japonica style」ではないかと予想されている。また、これから新しい楽曲が作られる可能性もあり、ファンとしてはどちらにしても期待しかないだろう。


最後に〜まとめとして~


とにかく、待ちに待ったデビューがついに決まって本当におめでたい。個性豊かなカラーを持つグループの魅力を幅広い層に届けて欲しい。同時にデビューが決まった「snow man」と共に、こらからも更なる活躍を期待しよう。