トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

今の大学生に伝えたいこと!手に職・スキルをつけることで自分の市場価値が上がる!就職活動を成功させるために!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

今僕は27歳で社会人5年目を迎えた年齢ですね。

正直、5年目というとまだまだ若者ではありますが、

若者だからこそ、気づける部分も多くあります。

 

 

なので、僕が社会人5年目を迎えた上で学生に伝えたいことを書いていきたいと思います。

 

 

将来ビジネスで成功したいなら、当たり前の何も考えない学生生活を送ってはダメ

f:id:imawoikiru2202:20181202184047j:plain


 

僕は、正直学生時代にここが一番後悔している部分です。

学生時代って本当に時間が有り余ってるんですよ。

 

お金は社会人よりも持っていない部分、時間が半端なくあるんですね。

 

なので、アルバイトみたいに時間を切り売りしてお金を稼ぐことが成り立つわけです。

 

時間で稼ぐというのは学生しか出来ませんね。

社会人になったら本来、自分の仕事のスキルや価値に対して対価を支払われるべきなのです。

 

 

でも今のサラリーマンは少し勘違いしている人が多い。

時間でお金を貰っていると思っているのだ。

 

まずは、そこを変えていくべきだと思うが、今回は学生向けなので省略する。

 

将来、ビジネスで成功しようと思っているのであれば、普通に授業受けて、アルバイトしたり、サークル行ったり、飲み会したりするだけじゃダメです。

 

勝負は学生時代の今から始まっているのです。

 

そこでおすすめなのがこちらのプログラムです。

 

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

 

今の時代、AIやIT技術が発達してきていて、

上記のような大量生産される学生の市場価値というのは全然ないです。

 

今はスキルや技術を持っている人材が重宝される時代ですし、逆にそれさえ持っていれば、サラリーマンという立場ではなく、フリーランスという立場になり、サラリーマンよりも高い給料で働くことができます。

 

これからの時代、エンジニアは非常に重宝される時代です。

なんだかんだ、エンジニアでそれなりのスキルを持っていれば、どこへでも活躍できるようにもなっています。

 

 

なので、上記のプログラムをぜひ試していただきたい。

学生という時間がある時期だからこそ、挑戦してほしいと思います。

 

就職活動を成功させるために必要なことは?

f:id:imawoikiru2202:20181202184104j:plain


 

僕は新卒で旅行代理店に入社しました。

無事就職活動で内定をもらえた形ではありますが、

決して成功したというわけではありません。

 

就職活動において何を成功に置くかという問題はありますが、

まずは、自分の希望する会社に就職できるというのが、一つの基準だと思います。

 

そして自分が行きたい会社に行くのは人材不足が嘆かれておりますが、

ハードルは高いです。

 

いわゆる人気企業というのは、非常に入社するためのハードルというのは高くなってきます。

 

人気企業の就職活動はやはり選ぶ側と言うよりもまだまだ選ばれる要素が非常に高くなってきます。

 

では、どうしたらいいのか?

 

答えは簡単です。

企業が欲しくなるような人材になることです。

 

その企業が欲しいような人材になるためには、こちらのプログラムがオススメなんですね。

 

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

 

ビジネススキルと言ってもたくさんありますので、

全てを得るというのは学生時代の時間だけではやはり難しい部分もあります。

 

ただ、これからの時代を考えると安泰な職種がエンジニアであると言えます。

 

エンジニアは働き手もまだまだ不足していて、売り手市場なことも多いですね。

 

スキルさえ持っていればどこまでものし上がれるものでもあります。

 

ぜひ上記のプログラムを使って就職活動を優位に進めて欲しいと思います。

 

終わりに

どうですか?

就職活動は人生において、一大イベントだと思います。

 

今後の社会人人生に大きな希望と不安を抱えている学生も多いと思います。

 

そして老後の人生までも見据えている人もいるかもしれません。

 

エンジニアのスキルを身につけておくだけでもだいぶ違うと思います。

 別にスキルをつけたからといって必ずエンジニアになれというわけではありません。

 

エンジニア✖︎○○というパラレルな感覚で働いていくことが大事だと思います。