トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

サラリーマン×副業が一番最強なのではないか?いきなりフリーランスになる危険性を考える!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

最近、人生100年計画だとか、年金が足りないとか出ないとか、老後の資金2000万円でも足りないみたいな話が出たり、、

 

昔みたいにただサラリーマンだけで過ごすというのも難しくなっているのかもしれませんね。

企業に長く勤めているからといって特に老後の安定が保証されているわけではないし、終身雇用も破綻するみたいな話もあり、企業に勤めていれば安心というわけではなくなった。

 

だからこそ、サラリーマンの仕事の仕方が変わってきたように思います。

その一つが「副業」が解禁されたみたいなニュースがありましたよね。

 

 

未だに副業を禁止している企業は多いですが、これから副業をやっていくのが当たり前になってくると思います。

 

そこで出てくるのは、フリーランスとサラリーマンどちらが良いのかという話である。

 

今回はそのような話を書いていきます。

 

フリーランスVSサラリーマンどちらが良いの?

 

f:id:imawoikiru2202:20181021103350j:plain

これってよくSNS界隈で話になっているから目にすることが多い論争ではないでしょうか?

 

でもこの論争ってそもそも的を得てないというか、本質的ではないんです。

 

別にどちらもメリット・デメリットがあるんです。

どちらかにしかメリットがないとなったら、みんながそちらにいきますからね。

 

この選択ってあくまで手段でしかないんです。

要は目的を何に置くかだと思うんです。

 

 

フリーランスになったから、サラリーマンになったからといって何かが起こるわけではない。

その選択をすることによって自分の目的としているものができるかできないかである。

 

サラリーマンのように上司が選べない環境が嫌だ、もしくは上司という存在が嫌だという気持ちがあり、自分で全て仕事を運んでいきたいと思っているならフリーランスの働き方をすればいいでしょう。

 

要はここじゃないのです。

 

でもサラリーマンの良いところは、決まった日に給料が入ってくるということです。

 

よくフリーランスの人がサラリーマンを辞めてフリーランスになれみたいな発信を良く見ますが、それは危険だと個人的に思っています。

 

いきなり0から始めるというのはよほどのリスクがあります。

 

なので、一番最強に安定しているのは、サラリーマン×副業だと僕は個人的に思っています。

そして、独立するにしても副業である程度、形にしておいたほうがいいと思います。

 

フリーランスも憧れる、サラリーマン×副業が最強説!

f:id:imawoikiru2202:20181021103612j:plain


 

フリーランスの人が一番恐れているのが毎月の収入が安定していないということでしょう。

どうしても自分が働いた分だけ入ってきますが、逆に自分が動かなければ全く入ってこないというのがある程度のケースです。

 

なので、フリーランスの方からしたら毎月固定給が決まった日に入ってくるなんてとても有難いことなんですね。

 

そしてそれが得られるのがサラリーマンの特権ですね。

 

そしてサラリーマンは逆に固定給しか入らないので、特にめちゃくちゃ自分が契約を取ったとしてもその利益がそのまま自分に入ってくることはないですし、

今の会社で得られたスキルが他の会社で生きるかもわからない。

 

そして何より、決まった休みしかないのだ。

 

だから大事なのが、自分で稼げる力を身につけることが必要だ。

そのためには、サラリーマン×副業が一番最強なのではないでしょうか。

 

 

また別の記事でオススメの副業は書いていきますが、

まずは、マインドセットを固めることが大事です。

 

もし、安定を求めているのであればサラリーマンをしながら副業をやっていくのが1番いいと思う。

 

サラリーマンは時間がないと思われがちですが、そんなことありません。

時間は作れます。

 

平日の夜の時間、通勤時間や土日。

いくらでも副業ができる時間はあります。

 

まずは、収入を増やしたいのであれば副業をやっていきましょう。

 

終わりに

 

どうでしたか?

僕はサラリーマン肯定派です。

 

むしろ、フリーランスの良さが今の所あんまり分かっていません。

リスクが有りすぎるし、自分の全て責任になる。

 

それはとても怖いものです。

でしたらサラリーマンをやりながら副業をしていきましょう。