トップ営業マンが語る真面目な世界

会社員が語る世界を楽しんでみてください。ノウハウやためになる情報を書いていきます。

MENU

ヴィッセル神戸、「フェルマーレン」を獲得!その背景は?予想の先発メンバーは?優勝は出来るのか?

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

Jリーグにまたまたビッグなニュースが飛び込んできた。

そちらについて今回の記事は書いていきたい。

 

 

待望の大物ディフェンダーは4人目の元バルサ選手‼︎

f:id:imawoikiru2202:20190801204534j:image

 

ヴィッセル神戸は今月27日に、スペイン1部リーグバルセロナからベルギー代表のディフェンダートーマス・フェルマーレン(33)が正式に加入する事を発表した。背番号は4番。

 


フェルマーレンの加入により、ヴィッセル神戸は元スペイン代表アンドレス・イニエスタ(35)、同じく元スペイン代表ダビド・ビジャ(37)、セルジ・サンペール(24)に続く、4人目の元バルセロナの選手の獲得となった。


フェルマーレンは、オランダの名門アヤックスでプロのキャリアをスタートさせ、アーセナルなどを経て5年前にバルセロナに移籍した。


その能力には疑いの余地は無いが、度重なる負傷により出場機会には決して恵まれてはいなかった。昨季も怪我に悩まされ、リーグ戦は9試合の出場にとどまっていた。シーズン終了後には契約が満了し、フリーになっていたところであった。


左利きでセンターバックも左サイドバックもこなせ、対人にも強く左足の精度も高い。ベルギー代表やビッグクラブで活躍した経験豊富なディフェンダーには、神戸が再三言われてきた守備組織の再構築に期待が寄せられる。


今回の移籍によって「ミニバルサ化」は、また一歩前進したと云えるだろう。フェルマーレンは「自分にできることを全て出し、チームワーク良くしていきたい」と意気込んだ。

 

また、「ワクワクしている。アンドレス(イニエスタ)、ビジャ、サンペールと一緒にプレーできる。新しい経験になるはず。このチームに必要とされた事を嬉しく思う」と語った。

 

チームはどう変わる⁉︎予想される先発メンバーは?

f:id:imawoikiru2202:20190801204547j:image
ワールドクラスの選手を次々と補強している神戸だが、現在のJ1で15位とお世辞にも好調とは言い難い。

圧倒的なテクニックで、先日のバルセロナ戦でも前半のみの出場にも関わらず、両チームで1番の存在感を示したアンドレス・イニエスタを中心にしてチームを構築していく事は変わらないだろう。


現時点で予想される先発メンバーはどうだろう。
ゴールキーパーにはやはり、バルセロナのエルネスト・バルデルベ監督にも高く評価された前川だろう。


大きな課題とされるディフェンダー陣だが、左サイドバックには初瀬、右サイドバックは西、もしくは藤谷だろうか。


センターバックはダンクレー、宮が濃厚だろうか。そこに注目されるフェルマーレンが絡んでくることになる。途中出場になるだろうか。ベテランらしくディフェンスラインをまとめて欲しいところだ。

 


中盤はサンペールと山口、そしてトップ下にイニエスタであろう。なんといっても神戸のキモはここにあるだろう。他のチームももちろん、ここを潰しにかかるだろう。


そしてフォワードには小川と郷家の両ウイングでセンターには、37歳にして、得点ランキングトップを走るビジャが君臨する。

 

ヴィッセル神戸の優勝はあるか?

f:id:imawoikiru2202:20190801204557j:image
トルステン・フィンク監督によるビッグネームを揃えたチームは豪華だが、現実にはサッカーはそれだけでは勝てないスポーツなのである。
現在、J1で15位という数字がその事を如実に物語っているが、一人の(何人かいるが)スーパースターがいるからといってチームがスーパーになるわけでは無い。(世界ナンバーワンの選手、リオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表の様に)


現時点で事を今季の優勝はとても難しいという印象である。しかしながら、時間をかけてチームを再編成していけば、とても可能性のあるチームである事は間違いないといえる。


ここまで進めてきたチームのバルサ化、この芯をぶれないでしっかりと若手を育成して、テクニックもスピリットもしっかりとしたチームを作れば、きっと優勝を狙えるチームになるはずである。