営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

全く違う業界に転職して思うこと!自分の今の市場価値を知るべきだと思う!井の中の蛙になるな!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

僕は何度かこのブログでも書かせて頂いたのですが、新卒で旅行代理店である「てるみくらぶ」に勤めて、そのあとゴリゴリの営業会社に転職をしました。

 

どちらも正直、ホワイトとは言える環境ではありませんでした。

営業と言ってもとにかく新規営業のみなので、日々日々数字を追わなければ売り上げが立たないビジネスモデルだったのでしんどかったです。

 

 

おかげさまで、メンタル的にもきつくなって「自律神経失調症」になってしまいました。

 

今は全く別の業界におり、転職をしている状況です。

 

実際に今の時代、転職というのが当たり前になってきています。

むしろ、新卒からずっと何年も続けていますなんて人はいないんではないでしょうか?

誰しも何個かの企業を経験することが多くなってくると思います。

 

僕は職選びがあまり上手くなかったので、そこらへんが参考になるようにこのブログを書いていければと思います。

 

僕は1社目が旅行代理店で2社目がweb業界で3社目がIT企業に勤めるという、全くの異業種に3社目ともチャレンジしています。

 

転職といったら同じ業界で条件がもっと良くなるような会社に勤める人が多いと思いますが、僕は全くの別の考えです。

 

同じ業界に全くいたくないと考えてしまうのです。

 

このような考え方の人は多いと思います。

違う業界に挑戦したいという人は多いと思います。

 

そこで違う業界に勤めてどうなのかというのを今回は書いていきたいと思います。

 

実際、違う業界に転職してどうなの?

f:id:imawoikiru2202:20181207144001j:plain


 

僕はかなり良いと思います。

世界にはたくさんの仕事がありますし、様々なビジネスの形があります。

 

確かに専門知識をとにかく突き詰めることはとても大事だと思います。

でも今の時代、専門的知識を突き詰めることよりも様々な知識を浅く広く身につけておくことが大事だと思います。

 

 

堀江さんなどが言っている「多動力」にもありますね。

今は一つ武器を持つだけでなく、様々なことを同じタイミングでやればオリジナルの自分が出来ると思います。

気になった人はこちらから購入してみてください。

 

 

実際、会社員を辞めて違う業界に行くのはかなりハードルが高いと思います。

でも会社員だと何のリスクも無しに違う業界に行けます。

 

しかも勉強をしながらお金をもらえるのです。

これほど幸せなことはありません。

 

 

僕はむしろ、違う業界に勤めるべきだと思うのです。

 

旅行代理店に勤めた人はたくさんいると思いますが、旅行の知識も身につけ、SEOの知識もあって、営業のスキルもあってAIの知識もあるような人材というのはオリジナリティーが増し、自分の市場価値も上がるのです。

 

そうやって自分の市場価値を高めていけば転職に困ることもないし、仕事に困ることもなくなるでしょう。

独立するにもその方が有利になります。

 

終わりに

 

どうでしたか?

違う業界に転職したいけど、なかなか不安があるなんて人も多いと思います。

 

確かに、違う業界や経験したことのない職種などはやはり大変な部分も多いと思います。

 

でも改めて言うと僕は、違う業界に挑戦するべきです。

何よりもオリジナリティーの自分になり、市場価値を高めるべきなのです。