営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

ビジネス用語って覚えた方がいいの?その業界の用語臭を学ぶべき理由!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

今の高校生や大学生にはその世代にしか通じない、知らない用語というのがたくさん存在しますよね。

 

よくメディアでも数多くとりあげられていますよね。

若い子を出して、おっさんやおばさんが若い子たちが使う言葉の意味を当てるみたいなクイズ番組。

 

 

どうでもいいと思っている人もいれば大事だなと思っている人もいるでしょう。

今の時代、造語でいうとどんどん作られていますから。

確かに中には訳が分からない言葉が載せられている時もありますが。

 

それと同じようにと言って比べるのはあまり良くないかもしれないですが、社会人になったら社会人にしか使わない言葉というのが存在します。

 

 

それが「ビジネス用語」ですね。

 

業界によって職種によって様々存在するのがビジネス用語です。

このことについて今日はブログを書いていきたいなと思います。

 

ビジネス用語って覚えた方がいいの?

f:id:imawoikiru2202:20181119184856p:plain

これは面倒くさがりな僕も良く考えたことです。

実際にこんな言葉なんて覚えなくてもいいだろうみたいな人も多いと思います。

 

結論から言うと、覚えるべきです。

 

しかも徹底的に覚えるべきです。

理由というのを書いていけたらと思います。

 

まず第一に、ビジネス用語を知っている=知識がある人になるからです。

 

別にかっこつけのために覚えたり、マウントを取るために覚えるのではありません。

むしろ、相手と対等ですよというのを証明できるのがこのビジネス用語ですね。

 

どんな仕事をしていても企業を相手に仕事をするというのはなかなか避けられないものだと思います。

 

企業側もそうだし、自分も損をする取引なんかはしたくないはずです。

だからこそ相手が信頼できる人なのかそれほどすごいものなのかというのを相手先は知りたいです。

 

ただそこで相手側がビジネス用語を言ってきてそれを知りませんなんてことになると、「あ、この人は何も知らないんだな」と単純になりますし、会話もスムーズにいかなくなります。

 

僕は前職までそういったビジネス用語を全く使っていませんでした。

というか使わなくてもいい環境にいたというのが正しいです。

 

でも法人を相手にするとなったら必ずそういった用語というのは必須になってきます。

相手先だけでなく、社内のミーティングなんかでも話が付いてこれなくなってしまうでしょう。

 

第二に知識をつけるためです。

 

ビジネスの世界になると、情報弱者が確実に搾取されます。

知識や情報を身につけることが大事なのです。

 

 

よくTwitterやインスタでビジネスのお誘いがDMで来たりすると思いますが、あれは情報弱者をターゲットにしているので気をつけてくださいね。

 

社会人になったら知識量は実際に必要になります。

その知識を身につける上でもビジネス用語というのが大事になってきます。

 

社会人になったら身につければいいと思っている人もいるかもしれませんが、就職活動でもビジネス用語を知っているだけでも高評価になります。

 

それくらいビジネス用語自体に価値があるのです。

相手と話を合わせるためにも必要です。

 

せめて自分の興味がある業界のビジネス用語くらいは調べておいた方がいいと思います。

 

終わりに

 

どうでしたか?

ビジネス用語なんて知らなくていいやと思っている人は、AIに確実に仕事を奪われていく人たちです。

 

常に学ぶ姿勢は大事です。

 

ビジネス用語を知らないことを恥ずべきではありませんが、やばいと思ってその瞬間に調べる癖をつけた方がいいでしょう。

 

今の時代、ビジネス用語なんて全部ネットに書いてありますから。