営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

誕生日を重ねれば重ねるほど思うこと!歳を取るとどうなのか?学生の頃から振り返って!

どうもこんにちは、営業マンブロガーです。

 

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

それでも良いと思います。

ブログは長期戦なので、短期間で成果を求めないことですね。

 

 

短期間で成果が出るのは本当に才能があり、センスがあり、運がある人だけです。

そしてその成果が長続きするのも一握りだけです。

最初は成果が良くても結局一過性のものだったなんてこともあります。

 

だからこそ、無理に続けない。

自分のペースで続けることが大事なのです。

それがブログで稼ぐ必勝法みたいな感じです。

 

ということで本日で僕は、27歳になりました。

誕生日ということに年々薄まっている自分に気づきます。

 

小さい頃は誕生日プレゼントがすごく楽しみだったり、ケーキが食べられたり、食事が豪華になったりしましたね。

 

でもだんだん年齢を重ねて更に学生から社会人になると本当に誕生日というのはなんでもない日になる人が多いと思います。

 

ほとんどの人が土日休みで、平日は仕事をしていることが多い。

そうすると平日に誕生日になると仕事の関係で誕生日を祝うことが出来なかったりします。

 

そんなものですね。

 

でもそんな誕生日もいつしか普通になっていき寂しささえも感じなくなります。

 

歳を取るということはどういうことなのか?

f:id:imawoikiru2202:20181214220133j:plain

歳を取るというのはただ単に年齢を重ねるだけではありません。

生きていく時間が減っていくということなのです。

 

難しいですが、人生は有限です。

誰しも始まりがあり、終わりがあります。

 

年齢を重ねていくということは、死への時間が迫っているということなのです。

まだ20代だからとかもう50歳だからとか関係ないのです。

 

 

よく歳を重ねるだけで大人になった気になっているエセ大人が存在します。

これはかなりややこしいですし、厄介です。

 

自分は大人だと思っていて、実際内面を見ると本当に子供なのです。

 

自分は子供だと思っている大人は大丈夫です。

やりやすいし、そういう人の方が成果を残しやすいと思います。

 

人間は残念ながら歳を取るだけでは大人になれません。

歳を取りながら色々な経験を積み、たくさんの事を学び、色々な失敗をして大人になっていくのです。

 

学生の頃から振り返って今の自分はどうか?

f:id:imawoikiru2202:20181227130732j:plain

学生の頃から見て今の自分はどうだと思って振り返ってみました。

誕生日だったのでいいきっかけだと思います。

 

実際、学生時代と社会人になってどちらが幸せかと言われるとやはり学生の頃ですね。

それはなぜかと考えてみました。

 

それは自分の好きな仲間と好きな事をしていたからだと思います。

学生時代の友達と授業をサボって動画を撮ったりするのが好きだったんですね。

 

でも僕はここで思ったんです。

僕は何かやりたいことがあるわけではなく、自分の好きな人と居たいだけなんだなと思いました。

 

社会人になるとどうしても自分があまり好きではない、むしろ苦手な人とも関わりを持たなくてはいけないこともあります。

それが社会人においての一番のストレスになるのではないかと思います。

 

自分の好きな人を作れる環境、そして自分の好きな人といれる環境というのが大事なんだなと思いました。

 

自分をつまらないと思う人ではなく、自分を面白いと思ってくれる人といればいいんです。

 

 

人間関係はいつでも逸脱出来る。

作り直せるものです。

 

もし、今納得がいっていないのであれば、ぜひ、人間関係を見直してみてほしい。

 

学生時代から振り返るといろいろなことが見えてくる。

学生時代は1日中笑っているなんてことも珍しくなかった。

 

でもそれは過去が光って見えるだけというのもある。

大事なのは今が一番輝いているということ。

 

今輝くというのは凄く簡単で誰にでも出来るということです。

 

終わりに

 

どうでしたか?

自分の誕生日になったら自分を振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

自分と向き合う時間を作ることでいい人生を過ごせますよ。