営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

会社員が会社が無くなったらお金を稼ぐ事が出来ないのは危険信号だと思った話。

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は普通の人生を送ってきました。

普通というのは世間が引いてきたレールの事です。

 

義務教育を終え、高校進学をし、大学受験に滑り止めで受かって、就職活動をして晴れて社会人となりました。

 

つまり会社員となりました。

転職はありましたが、雇われ人という立場は変わりません。

 

 

これは一般の人が普通に辿っているレールの上だと思います。

でも外れた人もいます。

実際に事業を自分で立ち上げ、従業員を雇う側になったりですね。

 

あとは投資家となり、事業や株などに投資をして成功した人。

たくさんいると思います。

 

ライターなどになってフリーランスとして活動している人。

たくさんいると思います。

 

今は働き方という意味でも大きく変革してる時期だと思うのです。

 

そこで改めて会社員という立場に関して自分なりに考えたことを書いていきたいと思います。

 

会社員の人は今会社が無くなったらどうしますか?

f:id:imawoikiru2202:20181214220133j:plain


 

僕も会社員でふと、そんなことを考えてたんです。

僕は、以前てるみくらぶに勤めておりました。

 

 

もちろん、ニュースになるとっくの前にやめていたのですが。

 

そこで会社というのは突然自分が思いもしないうちに終わってしまうのだと。

 

従業員という立場の弱さを思い知りました。

 

そして気づいたのです。

僕は、会社という看板が無くなってしまったら何で稼いでいけばいいのだろうと。

 

今、このブログを読んでくれている人の中にも会社員の方はいらっしゃると思います。

 

今会社がなくなり、お金を自分で稼いでいかなければならないとなった時、どうやってお金を稼ぎますか?

 

僕がふと浮かんだのは、ライターの仕事をもらう、アルバイト、営業のコンサル、営業代行、アフィリエイト、物販でした。

 

皆さんはどうですか?

どのくらい浮かびましたか?

 

正直、一つも浮かんでこなかった人は僕は危険信号だと思っています。

 

今の時代、会社の看板でしか仕事が出来ない人は市場的にも求められていません。

 

大事なのは個人として稼ぐ力があるかどうかということです。

 

でも安心してください、特別なスキルがなくても今は充分稼げるような仕事はたくさんあります。

 

会社が無くなってもいいように今のうちから稼ぐ力を身につける

 

f:id:imawoikiru2202:20181227130821j:plain

 

 

僕は会社の中では優秀な営業マンでしたが、日本全国や、世界から見たらまだまだ全然だと思います。

 

これは致し方ないことです。

 

でもだからと言って稼げないとなるわけではありません。

 

ビジネスというのはスキルがあるだけでお金が稼げるわけではないのです。

むしろ、スキルがないのに稼げてしまう人だっています。

 

つまり何が言いたいかというと、とにかく自分で稼ぐためには副業を何かしらやった方がいいということです。

それはこちらの記事にも書いてあるので、ごらんください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

それが今の時代、当たり前になっていかないといけないのです。

 

会社がいつなくなるかわからない。

どうなるかもわからない。

 

変な話、解雇だって可能性としてありえます。

 

なので、今から備えるべきです。

幸い、会社員の人は毎月、固定給が必ず入ってきます。

 

これはフリーランスの人にはない利点ですよね。

どんな勤務態度であれ、会社に出勤していればお金が入ってきますから。

 

その利点を生かして今のうちから準備するべきなのです。

 

会社が今無くなっても大丈夫なように。

 

終わりに

 

どうでしたか?

僕は今とても不安な気持ちでいっぱいになりました。

 

それは自分が稼ぐ力が今の段階だとないから。

もちろん、悲観する必要はありません。

 

それに気づけただけでもこれからどうにかなるということですから。

 

今のうちから戦っていきましょう。