営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

会社のために一生懸命働くということは自分を消費していることじゃないかな。

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は今26歳で新卒で旅行代理店である「てるみくらぶ」に入社しました。

そこでブラックな労働環境に耐えられず、うつ病一歩手前まで行ったので、退職をしました。

 

 

そこから未経験で営業会社に転職しました。

未経験ながら1年半で200名いる営業マンの中で1位の営業成績を残すことが出来ました。

 

今は、noteで営業ノウハウを書いていたり、ブログで心の健康についての記事を書いています。

営業ノウハウに関してはこちらの記事を御覧ください。

 

note.mu

 

営業に関しては、ノウハウがあったり、やり方が明確になっていたりします。

もちろん、対人とのお仕事なので、確実な方法というのはありません。

 

それと同じような感覚で心の健康というのは正解がありません。

ストレスの無い生活を送るというのが正解ではありますが、その方法が誰にもわかりません。

 

人によって何にストレスを感じているかというのも変わってくるし、考え方や感じ方が人それぞれなので、何も分からないんです。

 

 

これは医学の世界でもそうです。

心の健康というのはこれから自分で探していくしかないのです。

 

今回の記事では自分の消費ということに関して書いていきたいと思います。

 

会社のために働くという感覚は自分を消費しているんじゃないか?

f:id:imawoikiru2202:20181207144047j:plain


 

日本人は自己犠牲が美しいとされる国民柄があります。

自分を犠牲にして他人に尽くしてる自分がかっこいいとか、それが当たり前みたいなところがありますよね。

 

もちろん、その自己犠牲の精神を否定するわけではありません。

 

でも、人間は自分のために生きていくんです。

誰のためでもない、自分の人生なのです。

 

なのに、誰かのために何かをするというのはどうなのでしょうか?

 

自分を消費するということは心にはよくありません。

心を健康にするためには常に自分軸で生きていかなければなりません。

 

 

今はブラック企業も存在していますが、会社のために働くというのはとても消費

されることだと思います。

 

誰かのためにとか何かのためにと理由づけするのはとても浅はかだと思います。

よくドラマなどでそれが美しいとされるからでしょうね。

 

でも自分のために生きていかないと、消費しますよ。

 

会社に依存しないためにはこちらの本もおすすめです。

 

 

終わりに

 

どうでしたか?

気づいたことを何かに発信するという作業は大事だと思います。

 

別に僕は文章に自信があるわけではない。

 

でも自分のために書いています。

また後で自分の文章を見返してみると面白いものです。

 

自分のために生きていかないと。