営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

カップルで長続きさせたいのであれば、きちんと本音を言うべきだという話。そもそも長続きさせる必要あるのか?

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕には今彼女がいます。

別にこの時期にリア充をアピールしようなんてそんな記事では御座いません。

 

でも今の時期に恋人がいないと少し寂しい気持ちにはなりますよね。

寒くなり気温も下がってくると人肌恋しい季節になります。

 

鍋も食べたくなった時に一人で鍋をするよりも誰かとつつきあって食べる鍋が1番美味しいですもんね。

 

ただ、人によっては季節限定でしか恋人ができないとか、そもそも一人の人をうまく愛せないとか、付き合っても長続きしないなんて人もいますよね。

 

時代も変わってきて、今までは一人と付き合っていくというのが当たり前でしたけど、今は複数人と付き合うのも少し当たり前になっている部分も多いのかなと感じています。

 

それが良いか悪いかは置いといて、せっかく付き合った人同士、出来ることならば長い時間幸せな時間が続いて欲しいですよね。

 

カップルが長続きした方が良い理由も今はそこまでない?

f:id:imawoikiru2202:20181214220105j:image

こんなこと言うと、ブログのタイトルとまったく真反対のこと言ってしまうのでどうかと思うんですが、時代も変わってきてます。

 

今までは女性は結婚したら家に入るというのが当たり前でした。

いわゆる専業主婦というやつですね。

 

でも今は夫婦共働きの時代になってきました。

昔ほど、男性が稼げなくなったというのと、女性が社会で活躍するようになったからですね。

 

正直、女性の方が優秀なんじゃないかなと思うときさえあります。

 

結婚スタイルというのもかなり多様化して、今の時代、そんなカップル自体を長続きさせなくても暮らしていけるような時代になってきました。

 

これはあくまで時代の話です。

 

ただ、人は2度運命の人に出会うと言われています。

そんな運命の人とは、長続きしたいと思いませんか?

 

長続きすることで良いこともあります。

 

カップルで長続きすることで良いこと

f:id:imawoikiru2202:20181214220120j:image

逆にカップルで長続きした方が良い理由ってなんだろうって考えた時、正直すぐにパッと出てきませんでした。

 

そんなこと彼女に知られたらめちゃくちゃ怒られますけどね。

 

でも深く考えた時に一つ大きな良い点がありました。

 

それが安心という幸せがある。

ということです。

 

彼女を取っ替え引っ替えしている人は常にドキドキを求めたり、新しい恋にどんどん進んで行く、狩猟民族ですね。

 

でも狩猟だけだと人間疲れてしまいます。

また体力的にも限界が来てしまいます。

 

そこで安心という幸せを求めだすんですね。

もちろん、狩猟で疲れた頃にだと少し遅いんですけどね。

 

安心という幸せはかけがえのないものです。

 

そこにある確かにある幸せというのを感じることができる。

これだけでもしかしたら生きていけるのかもしれません。

 

親の愛情に近い感情かもしれませんね。

 

カップルを長続きさせるためにはどうしたらいいのか。

f:id:imawoikiru2202:20181214220133j:image

きちんと面と向かって本音で話すこと。

これに尽きると思います。

 

人は人に気を使う生き物です。

特に日本人はいらんところでも気を使うということを美学にしている国ですから。

 

でもずっと一緒にいる人に気を使っていくというのはなかなか厳しいものです。

思ったことは話をしたいし、嫌なことは素直に嫌という風に言いたい。

 

これが当たり前だと思います。

 

でもそれを言ってしまうと嫌われてしまうのではないかと不安になってしまうわけなんですね。

 

でもよく考えてみてください。

自分の本音を受け止めてもくれなく、それで嫌いになられるような関係であればそもそも長続きはしません。

 

だからこそ、勇気を振り絞って本音をぶつけるようにしてください。

 

心理学的にも喧嘩をするカップルの方が長続きするというデータが出ています。

 

終わりに

どうでしたか?

 

せっかくであれば恋人とずっと長く幸せでいてほしいと思います。

それが大切な人であればなおさらです。

 

長く付き合っていくためには、本音を語り合っていきましょう。