営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

営業マンにおいて1番大事なのはお客様への愛だと思う!売れる営業マンと売れない営業マンの違い!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は今26歳で大学卒業後、新卒で「てるみくらぶ」に入社しました。

そこでブラックな労働に耐えられず、「自律神経失調症」になりました。

そして未経験で営業会社に転職をして、入社1年で会社No.1の営業成績を残すことができました。

今は部下を10名抱えて営業マンへの育成を行っています。

 

そこで僕自身も営業マンをやっていく上で思ったのが、売れる営業マンと売れない営業マンは大きな違いがあります。

 

でも売れない営業マンにとってはあんまり大きな違いと思っていないことが多いです。

 

その小さな違いが売れるか売れないかの差を生み出します。

僕は数々の営業マンを見てきたので、わかります。

 

今回のブログではその大きな違いを書いていきたいと思います。

 

売れる営業マンはお客様への愛があります。

 

これが僕は1番大事だと思っています。

売れる営業マンはお客様のことを第一に考えています。

逆に売れない営業マンは自分の営業マンとしての立場などしか考えていません。

 

今時、ゴリゴリのゴリラ営業は時代に合わない

f:id:imawoikiru2202:20181130190949j:image

以前まではとにかく営業マンというのはとにかく商材を販売して購入、受注させるのが使命だったので、お客様のことを考えてなく、営業マンとして立場のみ考えれば良かったのです。

 

それは、いわゆるゴリゴリにお客様に商材を売り込んで半ば強引に買ってもらうような感じです。

それは確かに昔ではありだったかもしれません。

 

でも今の時代、様々な情報が手に入る時代になりました。

 

なので、お客様も目が肥えてきています。

今までみたいに無知な状態の人に知識を売り込んでいるわけではないのです。

 

だからこそ、ゴリゴリに売り込まれると逆に商材に自信がないのかなと思われます。

 

営業マンが決めるのではなくお客様が商材を買うかどうか決める

f:id:imawoikiru2202:20181130191010j:image

営業マンはよく勘違いをします。

商品を買う時に営業マンが決めさせたと。

 

そんなことは一切ありません。

 

最終的に決めるのは営業マンではなく、お客様です。

 

営業マンに決めさせらたとなるとどうなるかというと、キャンセルかお客様が果てしない後悔をしてしまうことになるでしょう。

 

最終的にお客様の視点からすると、商材や商品を購入してからがスタートなのです。

 

でもそのスタートから後悔したらまるで意味がなくなってしまいます。

 

 

営業マンはとにかくお客様のことを考えるべき

f:id:imawoikiru2202:20181130191029j:image

営業マンは勘違いをしている。

あくまで営業会社が成り立っているのはその会社の商品を買ってくれるお客様がいるからなのです。

 

営業マンが凄いからではないのです。

 

お客様がいるからなのです。

 

お客様がお金を支払ってその商材やサービスを購入しなければ会社は成り立ちません。

 

だからこそ、お客様を何よりも大事にすべきなのです。

お客様のことを第一に考えるべきなのです。

 

終わりに

 

どうでしたか?

営業マンはいい意味でも悪い意味でも勘違いをしてしまう業種だと思います。

 

でも大事なのは、いつでも何でもお金の流れを理解すること。

 

どうやって自分の給料が出ているのかということをしっかりと理解することです。

 

お金の流れを理解すれば考え方も変わってきて、売れる営業マンになれることでしょう。