営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

普段、スマホ・SNSに疲労していないかい?スマホ抜きの生活を1日送ってみた!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

最近、電車乗っていたり、食事したりすると本当にスマホばっかり見ているなと思います。

でもそれ僕だけじゃないと思うんです。

 

いう周りを見渡せば基本的にスマホをいじっていたり、人によってはパソコンをいじっている人もいると思います。

f:id:imawoikiru2202:20181108224951p:image

基本的にはみんな仕事なんかで使っているのかもしれないけどもそれと同じくらいエンタメなんかで使っている要素も多いと思う。

 

アプリやSNSなどだ。

もちろん、アプリやSNSも使い方によってはビジネスに繋がるから考えようによっては、仕事になるのかもしれない。

 

でもこういったものに時間や労力を使っているケースは多いと思う。

 

アプリやSNSは時代の革命だ、これは今の生活やビジネスに多大なる影響を与えているとは思う。

 

 

でも考えようによってはアプリやSNSで消費していないかい?とも考えられるようになる。

 

なぜスマホ、SNSで消費しているのか?

f:id:imawoikiru2202:20181108225013p:image

現代では人は今スマホやSNSで消費している部分が多いと思う。

それは目の疲れとか、指の疲れとかではない。

 

「心の疲れ」だ。

 

これは結構皆気づいていない闇の部分だと思う。

 

SNSは本当に革命的だ。

憧れの人の生活に触れることが出来たり、凄い有益な情報をタダで得ることが出来たり、そしてインフルエンサーと呼ばれる人になることも出来る。

 

ただ、それにより心の消費をしている人も多いのも事実だと思う。

 

SNSで人と比べたり、いいねをもらうためだけの投稿になったり、周りを気にして投稿するようになってしまったりする。

 

SNSでの「心の疲労」は人によるものなのだ。

 

誰かが良い週末や時間を過していたとする。

そうすると自分の生活と比べてしまうのだ。

自分はこんな良い時間を過していないと思ってしまうと、心の疲労が始まる。

 

 

あの人みたいな生活を送りたいなんて自分なりの生活が一番なのに、変に時間や労力を消費してしまうようになるのだ。

 

こうなってしまうと、SNS病みたいなものになってしまう。

 

現実世界でも大事だが、自分を持ち、主体的に動き、人に影響を受けすぎないということが非常に大事になってくる。

 

こういった形で無意識に人はスマホやSNSで疲労しているのだ。

 

僕は1日スマホを見ないという生活を送ってみた

f:id:imawoikiru2202:20181108225034j:image

これめちゃくちゃ今の時代だとありえないというか考えられない人も多いんじゃないかな。

 

スマホ依存症みたいな言葉もあるみたいに、自然とスマホに手がいってしまって見てしまうなんてことがあると思う。

 

なので、僕は1日スマホを見ないという生活を送ってみた。

 

結果、もちろん時計を持っていないから時間を見れなかったり、道を調べたいときに出来なかったり不便なことは確かにあったのですが、少しだけほっとするような気分になりました。

 

次の日スマホみたら、LINEの数が恐ろしいほど溜まっていたり、SNSでのりぷなどが溜まっていた。

 

でもそれでも心の疲労というのは取れたような気がした。

 

いつもスマホが生活の中心になってしまっている。

ブログを書いている分、スマホを見る機会も多いのだけどもその分、自分が知らない間に人と比べてしまっているんだなと思いました。

 

 

スマホを見ていると、無意識のうちに人と比べてしまうんです。

これが恐ろしいことに。

 

あの人と比べて今は自分よりも有意義な時間を過していそうだなとか、あの人の発信していることをとにかくインプットしなくちゃみたいな。

 

本来、好きではじめたSNSも今となっては義務になってしまっていたのかなと。

 

義務になってしまうと、本当に疲労してしまって消費してしまう機会も多い。

 

だからこそ、みんなにも1日スマホ抜きの生活を送ってみて欲しい。

 

終わりに

 

どうでしたか?

スマホやパソコンに知らない間に疲労してませんか?

消費してませんか?

 

一旦、スマホやSNSが義務化になってしまうのをやめた方がいいです。

 

本当に好きなことをするべきだと思います。

その好きなことをするためにも、自分を消費させてしまっているものを取り除いて、本当に自分が大切にしているものを見つけてみるのもいいと思います。