営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

ジョーブログのクラウドファンディングでの炎上を見て!炎上は一種の広告にもなり得る!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

今年に入って僕がめちゃくちゃ好きになったyoutuberがいます。

それが「ジョーブログ」さんです。

 

f:id:imawoikiru2202:20181029153014j:plain

彼は僕と同い年の26歳で色々な動画をあげています。

彼の人生は挑戦をとにかく大事にしていて、自分が今やってみたいことというのをとにかく気にせず、自分の好きなように挑戦するということを動画にしています。

 

 

 

普通のyoutuberだと、視聴者目線で企画を考えてこの企画が本当に面白いのかとか、視聴回数伸びるのかとか考えたりすることが多いと思う。

でも「ジョーブログ」さんはとにかく自分のやりたいことというのをとにかく動画にしてみんなに見てもらうというスタイルを取っている。

 

まさに自分のしたいことをして生きているという感じだ。

「ジョーブログ」の動画は他のyoutuberと違った魅力がとても詰まっている。

そして何より「ジョーブログ」という人間に惚れている人も多いと思う。

 

今は絶賛「アフリカ大陸横断企画」の動画がアップされている最中なのだが、その「ジョーブログ」が炎上している。

「アフリカ大陸横断企画」についてはこちらの記事に書いてありますので、御覧ください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

 

その理由はこちらの記事に詳しく書いているので、見てください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

 

簡単に言うと、「ジョーブログ」が会社を起業するのだ。

そしてその一環で「インフルエンサーに会えるBAR」を立ち上げることにしたのだ。

そこでの資金調達にクラウドファンディングを使っているのが今回炎上している理由なのだ。

 

クラウドファンディングとは?

f:id:imawoikiru2202:20181026104148j:plain

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

 

引用 wikipedia

 

めちゃくちゃ簡単に言うと、やりたい事業や事なんでもいいのだが、それをクラウドファンディングをやってるサイトにプレゼンをして採用してもらう。

そしてクラウドファンディングにサイト上に自分たちの企画などをアップしてもらって支援者を募るのだ。

 

 

そして支援した人にはなんらかのリターンを与えるのだ。

 

今までは何かやる時の資金調達といえば、銀行に借りたり、投資家に借りたり、自分で用意するのが当たり前だった。

でも今は一般人からの支援を受け付ける事ができる。

またエンドユーザーの人でも少額で簡単に投資ができるようになったのだ。

 

まさに資金調達の新しい形と言えるだろう。

 

こうすることで、自分で資金を集めるのが困難な学生などが、一気に起業や事業をやりやすくなったのだ。

 

クラウドファンディングは炎上しやすい?

 

f:id:imawoikiru2202:20181025183030j:plain

これは実際、「ジョーブログ」だけではないのだ。

クラウドファンディングを使って資金調達しようとすると批判や反対の意見も飛んでくるのが現状だ。

 

それはやはり新しいことに対する不安から、恐怖から来ていることが多い。

 

これは何か怪しいことなんじゃないか。

こんな資金調達の仕方なんて認めない。

 

そんな意見が実際のところ多いのではないかと思う。

 

だからこそ、クラウドファンディングは炎上しやすいのだ。

 

資金調達するのにリターンがしょぼいとか、そんなのリターンじゃないとか言う意見も多い。

 

本来投資する人がリターンがその金額に見合うかどうか判断するのであって、第三者の人が決めて意見するものではない。

 

結局批判するのはいつだって新しい波を怖がる第三者だ。

 

 

炎上は一種の広告になる?

 

f:id:imawoikiru2202:20181027161912j:plain

これは「ジョーブログ」自身も言っていることだが、炎上というのは一種の広告にもなる。

炎上することで色々な人が色々なところでその話題のクラウドファンディングを取り上げてくれる。

 

それが批判の宣伝だったとしてもその話題は確かに色々なところで知られることになる。

 

その中には批判に混じる人もいるかもしれないが、その話を聞いて面白そうだなと思ってくれる人もいると思う。

 

そういう人が投資をしたりしてくれるのだ。

 

そうやってクラウドファンディングの輪は広がっていくと思う。

 

だからクラウドファンディングではむしろ、炎上した方が支援が集まりやすいのかもしれない。

 

 

終わりに

 

どうでしたか?

炎上に乗っかって批判や中傷を繰り返していると、逆にそれが相手のためになったりもします。

 

それを考えてると本当に反対している人は何にも触れないということが大事かもしれないですね。

 

ただ、僕は個人的に「ジョーブログ」が好きなので、これからも応援していきたいと思います。