営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!営業成績が良くなくても社内評価を上げる方法3選!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は今26歳で、新卒で「てるみくらぶ」に入社しました。ブラックな労働環境に耐えられず、「自律神経失調症」になってしまいました。

そこから未経験で営業会社に入社して、入社1年で会社№1の営業成績を残すことができました。

f:id:imawoikiru2202:20181103123924j:image

今はその成果あってか、マネージャーとして部下を持ちながら日々、営業マンの育成や予算管理、その他マネジメント業務を務めています。

 

これだけ聞くと最初から凄い出来ていた営業マンだったんだなと思われそうなので、修正させてもらおうかなと思います。

 

やはり未経験で営業会社に入ったので、最初は散々でした。

名刺交換だってしたことあんまりなかったし、社外に出るということ自体が基本なかったですから。

 

 

なので、最初は本当に何も出来ない営業マンでした。

どんなに今すごい営業マンだったとしても最初からずっと良かった営業マンなんていません。

大事なのは、誰でもいいときと悪いときがあるということです。

 

ただ、それを言い訳にして悪いときを過していてはダメです。

今はダメな時だななんてあぐらかいていると余計に悪い結果になります。

 

必死に足掻いて足掻くからベストな結果が出て、成長が出来るのです。

悪いときに何も行動しない人は決していいときも訪れません。

 

行動した人にしか成功はありえないのです。

もちろん、行動しない人には成功や失敗も訪れないのですが。

 

そして営業という仕事は数字で評価される仕事です。

数字が出ていれば成功となり、評価も得られる仕事です。

 

 

数字が出ている人は会社からも重宝されたり、いい給料になったりするでしょう。

 

逆に数字が出ていない人はとにかく評価が低く、会社にもい辛い雰囲気になるでしょう。

それが営業です。

 

会社員において会社内の評価って大事ですよね。

営業マンが数字が悪くてしんどいのは会社の評価が最悪だから。

怒られるからだと思うんです。

 

だったら数字が悪くても社内評価を上げることが出来れば最強だと思うんですね。

 

僕は数字があまり出ていない時でも会社に居辛いということはなかったです。

それは社内評価を上げていたからです。

 

今回のブログではどうやって社内評価を上げていけばいいのかを書いていきます。

 

1、上司と話す機会を増やす。

f:id:imawoikiru2202:20181103123955j:image

社内評価を上げるのに大事なのは上司の評価です。

基本自分自身の評価を下すのは自分の上司であるはずです。

 

数字が悪いときは逆に話かけにくいとか、なにを話していいのか分からない。

という意見があると思います。

 

 

確かにそれはあります。

でもそういった状況は逆に自分のやる気を見せるチャンスです。

 

数字が悪いときに落ち込んだり、ふさぎ込んだりすることはいくらでも出来ます。

でもその悪い状況を何とかしようと行動しようとするのが大事です。

評価も行動した人はいい評価をもらえます。

 

そういった行動に対して一番大事なのは数字が悪いときこそ、これでもかというくらい上司を頼る。

上司と話す機会を増やすことによって社内評価を上げることが出来るんです。

 

だからこそ、数字が悪いときこそ、上司と話す機会を増やせ。

ただ、落ち込んでいるような話し方ではダメだ。

とにかく何かをしたいというような感じで話しかけないとダメだ。

 

2、上司の言ったことに対してとにかく笑うようにする

f:id:imawoikiru2202:20181103124016j:image

もちろん、馬鹿にしたような笑い方では逆効果だ。

ただでさえ、数字が悪いのに変な笑い方やタイミングで笑ってしまったらめちゃくちゃ怒られるだろう。

 

ただ、人は面白く話そうと思うことが多いのも事実だ。

怒られているときに笑ってしまうのは論外だが。

教えているときに上司は部下に少しでも前向きに笑って取り組んで欲しいものだ。

 

だからこそ、上司の言ったことに対してとにかく笑うのだ。

笑えないジョークでも面白くなくても声を大きく笑うのだ。

 

そうすることで自分自身前向きになれたりするし、評価も上がる。

 

3、自分が絶対に達成させたい目標を立ててそれを上司に宣言する

f:id:imawoikiru2202:20181103124038j:image

これが僕は一番大事なことだと思っている。

人はただただ過しているだけだと何も得ることは出来ないし、挑戦も出来ない。

 

何か目標を自分で決めて取り組むことが大事なのだ。

 

そしてその目標を誰かに決めてもらうのではなく、自分で決めて、それをしっかりと上司に宣言することが大事なんです。

 

またこいつは口だけだなと思われてもいいんです。

それを宣言することが大事なんです。

 

宣言することによってそれをやらなかったらダサいし、出来たら評価もかなりあがります。

 

大事なのは数字が悪いときこそ、目標を立てて取り組むということです。

 

目標を立てることで今やるべきことが見えてきます。

 

終わりに

 

どうでしたか?

 

社内評価って会社員にとってはめちゃくちゃ大事ですよね。

それを営業成績のみで評価されるのはやっぱりしんどい。

 

もちろん、数字が良くても社内評価が低い人もいるんだろうけど。

 

全員で気持ちよく働いていきましょう。