営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

元「てるみくらぶ」社員が語る!今だからこそ言える、てるみくらぶの実情。ブラック企業に気をつけろ!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は、今26歳なんですが、大学まで普通に進学したあと、就職活動を普通にやっていたわけですよ。

正直、就職活動なんてどうでもよくて適当に探していました。

 

てるみくらぶに入った経緯は?

 

f:id:imawoikiru2202:20181026104148j:plain

自分の将来のこと、なりたい自分のことなんかを全く考えてなかったわけですよ。

そんなこんなで大学時代に単位の為にインターンシップで旅行代理店で1ヶ月間みっちり働く期間があったんですね。

 

今思えばこれこそが僕は間違いだったなんて思ったりもするんですが。

 

なので、この経験生かせば、就職活動上手くいくんじゃない?と安易な気持ちで旅行代理店を中心に就職活動を行っていました。

そのインターンシップでも学生にはないとてもいい経験や色々やらせてもらった影響で就職活動はうまくいきました。

 

無事、てるみくらぶから内定をもらったわけですね。

周りから見るとかなり早い時期に内定をもらいました。

 

今の時代では分かりませんが、断言します。

早い時期に内定を出す会社は基本的にブラック企業だと思っていいでしょう。

 

僕らの時代は3年の12月から就職活動が始まって僕は3月には内定をもらっていましたから。

 

周りはむしろ今から就職活動本気でやるぞみたいな雰囲気だったんですが、僕はもう既に内定1社もらってしまったんです。

実際に僕は将来のことなんてあんまり考えてなかったわけですから。

内定をもらった瞬間とりあえず就職浪人になることは無いなって安心してしまったわけですね。

 

なので、これからは行きたいと思った企業だけ受けようなんて思っていたわけです。

でももう安心しきってますから、将来のことなんて全然真面目に考えてませんから。

 

 

そんなに就職活動に力を入れなかったわけですね。

行きたい企業が見つかって応募してみても、面接に行くのが当日になったらめんどくなり、ばっくれみたいなことをやってました。

 

そして周りが就職活動に追われるのを勝ち誇ったような感じで見ていました。

 

もっといい企業が無いかと探しては見るものの微妙みたいな感じが続き、気づけば12月を迎えていました。

 

もうここまで来ると流石に募集している企業も残り少ないし、売れ残った人材という意味であんまり意味ないだろうともう就職活動をやめました。

 

そうして4月に「てるみくらぶ」入社したわけです。

 

 

てるみくらぶに入ってみた実際どうだったのか。

 

f:id:imawoikiru2202:20181026104041j:plain

新卒といえば、社会のことなんてこれっぽちも分からないですよね。

残業があるのは当たり前という感覚はなんとなくあったんです。

 

僕自身、将来のことは全く考えてなかったのですが、働くことに対しての否定とか嫌だみたいな嫌悪感は全くなかったわけです。

 

何が言いたいかというと僕は完全に社蓄になっていたわけです。

 

働くのが嫌いではない。

そして社会のことを何にも知らない。

なので、「てるみくらぶ」での働き方が当たり前だと思ったわけですね。

 

就業時間はどうだったかというと、規則上は9時から18時だった気がします。

実際は7時半から8時の間に出社。

終わるのは21時に帰ろうとすると「今日は早いな」と上司に言われるような感じです。

 

実際に僕が規則と同じ時間で帰ったのは1年半勤めて入社日だけです。

 

でも僕はそれが当たり前だと思っていたわけです。

情報がないというのは本当に怖いものですよね。

 

 

帰るのは終電をなくしてからみたいなこともざらにありました。

友人に電車がないので、会社まで車で迎えに来てもらったこともあります。

 

てるみくらぶに将来は元々なかった!ただの安売りをするだけ!

 

f:id:imawoikiru2202:20181026104035j:plain

これは僕も入社してから気づいたというか分かったことです。

まあ、今考えると代理店という事業自体僕はこれからの将来性がないと考えています。

 

就職活動をこれからする方には代理店は本当にオススメしないです。

そちらの記事はこちらを御覧ください。

www.imawoikiru-boku.net

 

代理店という事業自体にこれからの将来性がないのに、「てるみくらぶ」は更に先が見えませんでした。

それはどういうことかというと、昔からの体制を信用しきっていて、新しい時代の波に乗れなかったことが要因ですね。

 

営業活動は一切せず、とにかくネット販売に拘る。

カウンターも設置していないため、全てネット販売。

 

それだけで昔は成功していたが、そんな時代でもない。

 

だから問い合わせを増やすために、料金を下げるしかなかった。

利益よりも売り上げを上げるために、とにかく赤字まで価格を下げて販売していたんです。

 

僕が商品企画などに携わっていたときは商品は全てと言っていいほど、赤字にしていました。

グラフなどの数字が全て真っ赤になっていましたね。

 

広告販売費みたいなことを言っていましたが、とにかく赤字でもいいから売り上げを伸ばしたいという魂胆だったわけです。

 

それから新聞広告にほぼ毎日掲載していました。

とにかくそういった営業方法、昔ながらの営業方法しか思いつかなかったわけですね。

 

今の時代、時代の変化についてこれない企業は間違いなく、なくなります。

だからこそ、企業体制が古い企業に将来はないですね。

 

そうして僕はブラックな労働に耐えられず、「自律神経失調症」になったわけです。

 

また、売り上げをあげたいがために、フライトの座席が取れていないのに予約を受け付けることも多々ありました。

これが一番酷かったし、心が痛かったですね。

 

終わりに

 

今だからこそ、こうして話せるわけですが、当時はとにかくこれが当たり前だと思っていて、何も考えられなかったわけです。

 

自殺とかは考えませんでしたが、転職もあまり考えてなかったのです。

 

これが当たり前だと思っていましたから。

 

今となってはなんであんなに頑張ったんだろうとか、ちゃんと考えておけばよかったと思いますが、それでもこうやって話のネタにできるんでおけです。

 

またまた詳しく語っていこうかなと思います。

もう二度とこういったブラック企業による被害者を無くすためにも。