営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

子どもの頃から習いごとでスポーツをやらせるのはありだなと思った話。小学生からサッカー。

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は今26歳ですが、大学入る前までずっとサッカーをやっていました。

むしろ、サッカーしかスポーツでいうとやったことがありません。

でもこれは僕の人生にとってとても大きな役割を果たしてくれたと思います。

f:id:imawoikiru2202:20181027161834j:image

サッカーといえば、今や国民的スポーツになりましたが、少し昔だと野球の方が盛んであまりサッカーというと人気がなかったのですが、いまやサッカー人気の方が高かったりしますよね。

 

子どもの頃の習い事って悩みますよね。

何をやらせたらいいんだろう。何がしたいんだろう。

何をやらせたら子どもの成長にいいんだろうなんて悩みにもなったりしますよね。

 

 

もちろん、子どもの好きなものをやらせるのはありだと思います。

でも僕は子どもの頃から何でもいいからスポーツは絶対にやらせとくべきだと思います。

スポーツは本当に魅力的です。

社会人になるとそんなガッツリスポーツというのも出来なくなりますしね。

 

今回のブログでは自分の実体験を基に子どものころにスポーツやっておいた方がいいなと思う理由を書いていきたいと思います。

 

1、体力がつき、健康体になれる

f:id:imawoikiru2202:20181027161844j:image

僕は本当に小さい頃から外で遊ぶことを多くしてもらってスポーツをやらせてもらって本当によかったなと思います。

 

僕は小さいころの基礎体力みたいなのはとても必要だと思っています。

 

健康に必要なのは、適度な運動、適度な食事、適度な睡眠。

 

でも運動という習慣は大人になってからだと中々つきにくい。

小さいころからスポーツを通して運動していると、運動するのが当たり前だし、何より体力がつきます。

 

体力というのは生きていくのにとても必要なことです。

体力があるかないかでいうと生きていくのは体力があるに越したことはないです。

 

 

体力があると免疫もつき、風邪も引きにくいです。

 

単純に風邪を引かないということがどれだけのメリットになるか。

一番の人間の資本はお金でも家族でもなく、自分の健康だと思います。

 

みんなのやりたいこととかって健康が前提の話が多い。

健康であるから出来ることも多い。

 

だからこそ、小さいころから体力をつけて免疫が高いからだを作った方がいいと思う。

 

それにはスポーツはぴったりだと思う。

 

2、最高の仲間が出来る

f:id:imawoikiru2202:20181027161912j:image

同じスポーツをやって同じ練習をやったり、耐え抜いたりすると不思議と友情が出来るものだ。

自分自身もそうだが、未だにスポーツで仲間になった人とは付き合いがある。

 

それだけスポーツが生み出す恩恵はでかいということだ。

 

学校で友達が出来ない人でもスポーツで友達が出来るなんてことはよくある話だ。

 

これはスポーツをやっていた人にしかわからないことなのかもしれないが、スポーツをやっていると共通の話が増えたり、共通の感覚というものが芽生える。

 

例えば、サッカー仲間とサッカーの試合がテレビでやっているのを見ていたとする。

そうすると1プレー1プレーにこうするべきとか、俺ならこうしたとか。

このプレーは確かに上手いななんて話が出てくる。

 

不思議とその感覚がマッチしたりするのだ。

自分の感覚と他人の感覚がマッチしたりすると、気が合うなと思ってもらえるようなものになっているのだ。

 

スポーツで出来た仲間は一生ものだ。

 

3、理不尽に絶えうる力がつく

f:id:imawoikiru2202:20181027161922j:image

これがいいことか悪いことかは置いといてなのですが、この世の中には理不尽なことが多かったりします。

 

それは大人になればなるほどです。

会社や社会というものは時にとても理不尽なものです。

 

スポーツをやっていると、コーチから理不尽なことを要求されることもあります。

例えば、くそ疲れているのに今から外周してこようかとか。

そんなことが余裕であります。

 

 

別にパワハラとかじゃないですよ。今考えても僕のチームはそこまで練習きつくなかったですから。

 

でもいやそんなの無理だよといえません。

黙ってやるしかないのです。

 

その理不尽に耐える力というのはあって損はないです。

もちろん、理不尽に耐え続けるのは心にも体にもよくないので気をつけてください。

 

良い意味で打たれづよいという人間に成長します。

 

もちろん、自分で決めて判断するようにしてください。

 

終わりに

 

どうでしたか?

小さいお子さんがいる親は習いごとをさせようか悩んだりすることも多いはずです。

 

僕は実体験を通しても子どもに一度でいいからスポーツはやらせるべきだと考えております。

 

スポーツを通して学べることは大人になってからも生かされることでしょう。

 

是非試してみてください。