営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!出来る営業マンのコツ!目標を決めるべき3つの理由!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

僕は新卒で、「てるみくらぶ」に入社して、労働環境に耐えられず、自律神経失調症になり転職をしました。

今は営業会社に未経験で入り、入社1年で№1の営業成績を残し、部下10名を抱える役職持ちとして仕事をしています。

 

 

営業という仕事はとにかく面白い仕事です。

もちろん、単純で難しい側面も持ち合わせています。

 

営業というのは、お客様のもとへ商品やサービスなどの案内をしてお客様の契約して頂くのが仕事です。

なので、とにかく数字で評価される仕事です。

数字がいっていればある程度、社内でも社外でも評価を得られることが出来ます。

昇進だって可能になるでしょう。

逆に、営業成績が悪ければ、とにかく社内での居場所もあまりなくなり、自分の営業マンとしての自信も失われていくでしょう。

 

なので、営業という仕事は単純でありながら複雑な仕事なのです。

でもめちゃくちゃ面白い仕事であることは間違いありません。

 

是非、みなさんには出来る営業マンになって欲しいと思い、このブログを書かせて頂いています。

 

出来る営業マンになるためには、まず目標を決めるべきだと思っています。

 

f:id:imawoikiru2202:20181021103418j:plain

目標は誰かに言われたからとか主体的ではないものでは絶対ダメです。

自分で考え、自分で決めたものでなければいけません。

 

具体的に決めます。

そして期限を決めます。

 

いつまでに○○までにやるといったような目標をまず立てることです。

そこから営業マンとしての成長が始まります。

 

 

そんな目標なんて立てたってなんて人もいるかもしれませんが、目標をバカにしている人や目標に拘れない人は営業マンとして成功はしないでしょう。

 

それくらい営業マンにとって目標は大事になっています。

 

なぜ、目標がそこまで大事なのかというのを書いていきます。

 

1、目標の期限までを逆算して今やるべき理由が分かってくる。

 

f:id:imawoikiru2202:20181013094507j:plain

よく、今○○をやっている理由が分からない。何のために働いているのか分からない。

何のために頑張っているかというのが分からない。

なんて意見が今の若い人には特に多いのかもしれません。

 

以前までの時代は、お金を稼いで結婚して子どもを産んで自分の家を買ってなんていうのが一般的な幸せな生活とされていましたが、今の時代、幸せの多様化があり、どんな形であれ自分が幸せならそれでいいという感じがあります。

 

もちろん、幸せの多様化はいいことだと思っています。

確かに幸せかどうかなんてその人にとってでしかわからないし、他人が図れるものでもありません。

 

でも幸せな生活を送るためには、今頑張っていること、今やっていることへの意味づけが必要だと思っています。

もちろん、楽しいからという理由で片付けられる人はそれでいいのですが、全員がそうではありません。

 

 

だからこそ、目標を立てることが大事なのです。

目標を立てその期限を決めることでその期間から逆算すると今自分がやるべきことが見えてきます。

そうすることで自然と今○○をやっている理由が分かるのです。

自分はその目標を達成させるためにその○○をやっているのです。

 

そういった意味で営業マンは目標を今すぐ立てなければいけません。

別に目標が1週間ごとに変わっても1日ごとに変わっても構いません。

大事なのは目標を自分で決めるということです。

 

 

2、目標を追うことで成功体験を積める

 

f:id:imawoikiru2202:20181003141522j:plain

営業マンにおいて、成功体験というのは大事だと思っています。

営業は成績が良ければ良いという話ではありますが、いつでも成績を残すのはとても難しいと思います。

そういう時に正解がない仕事だからこそ、迷いが生じます。

このままでいいんだろうか、営業は自分に合っているのだろうか。

 

こういった迷いは成長の妨げになります。

 

正解がない営業マンという仕事だからこそ、成功体験をつむことで自分は成長しているんだという実感を湧かせることが出来ます。

 

成長しているという実感があれば、自信に繋がります。

基本的な迷いは自分が良くなっているのかどうなのかというのが分からないから悩むのです。

 

そこで目標を作りそれを追うことで段階を踏んで成長していることが実感できます。

 

逆に目標がないから自分を見失い、成長出来ないと勝手に勘違いしてしまうのです。

 

だからこそ、営業マンは目標を立てるべきなのです。

 

3、目標を達成させると、一段階成長した自分になれるから

 

f:id:imawoikiru2202:20181003141441j:plain

これは目標を達成したあとの話になりますが、夢を叶えるのも相当嬉しいものだと思いますが、自分で決めた目標を達成させるのもめちゃくちゃ嬉しいものになります。

 

実際に自分が成長したと実感出来るでしょう。

 

そうしたらまた新たな目標を立てます。

そうして出来る営業マンとして成長することが出来ます。

 

営業マンは常に自分で目標を立て、自分で決めるべきなのです。

 

終わりに

 

どうでしたか?

営業マンは常に目標に拘るべきです。

ノルマばかり見ているからしんどいのです。

 

自分で決めた目標にどれだけ拘れるかだと思います。

そうすることで成長、成功が出来るのです。