営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!営業がしんどい、つらいと感じたらどう考えるべきか!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

営業っていうのは数字に追われる仕事です。

数字が良ければ会社の評価も高くなり、稼げるし、最高な結果になること間違いなしです。

でもどの営業マンも数字が残せるわけではありません。

やっぱりタイミングによっては数字が出ない営業マンもいることでしょう。

 

f:id:imawoikiru2202:20181013094532j:plain

そうなると、営業がしんどくなって、つらくなってきて、転職を考えるようになるでしょう。

自分は営業に向いていないんだなとか、毎日数字に追われるのがしんどいなどですね。

 

実際に営業会社は入れ替わりが多く、退職率とかも実際は相当な数いっていることが多いです。

それだけ営業というのは単純ですが、ハードな仕事ということです。

 

 

でもそれだけ魅力的な仕事でもあります。

自分の力でなり上がれるし、自分の力を高めることも出来ます。

だからこそ、出来るようになるための努力をするべきなのです。

 

こちらにノウハウを有料noteで書いておりますので、気になった方は是非ご覧ください。

note.mu

 

出来る営業マンほど、出来るためのアクションを行うことも多く、自己投資をしている人が多い。

自己投資とは有料コンテンツを買ったり、身だしなみをお金で整えたりなどですね。

 

 

逆に出来ない営業マンはそのままにしていることが多い。

そこも違いかもしれませんね。

 

ということで今回は営業マンで営業がしんどい、つらいなと思ったら読んでほしい記事です。

転職や独立などを考える人もいるでしょうから是非参考になればと思います。

 

1、出来るだけのことはやったか?と振り返る

 

f:id:imawoikiru2202:20181013094507j:plain

まずはこれですね。

人間何か悪いことや上手くいかないことがあってつらく、しんどい時は誰かや何かのせいにしてしまうことが多いです。

 

それをかの有名なバイブル書の「7つの習慣」でも言っていますね。

 

まず、振り返るべくは、自分の内面なのです。

 

 

つらいとき、しんどい時ほど、自分は今あるリソースを全て使って出来るだけのことをしたかを振り返るのです。

 

ほとんどの人は出来るだけのことをやらずにつらい、しんどいと感じる人が多いです。

そりゃ努力もしないで出来るようになったら誰も苦労しないですよね。

 

営業はセンスなども時には役立ったりしますが、基本的には圧倒的な努力です。

 

それを勘違いしてはいけません。少しずつ地道によくなっていくものなのです。

まずは、今自分が何をしていないのかを振り返り、それをやり続けることです。

 

2、どんな仕事でもつらい、しんどい部分は存在する

 

f:id:imawoikiru2202:20181013094643p:plain

これも結構多いなと思っていて、営業がしんどいと仕事がしんどいを混合してしまう人が多いんです。

 

だから、職を変えても全然うまくいかないなんてことも多い。

 

仕事は楽しいか楽しくないかはおいといて、しんどい・つらい部分は絶対的に訪れます。

もちろん、それが好きなものであればつらい、しんどいと感じても好きなことだからやろうとなるのかもしれませんが、仕事は楽しいことばかりではないと思います。

 

もちろん、それが嫌なのであれば会社員という枠組みに捉われず、フリーランスなどになればいいと思います。

 

今の時代、働き方は多数存在しますので。

 

でも働いている以上、つらいこと、しんどいことから常に逃げ続けていると何かを続けるという習慣がつかなくなります。

フリーランスで何をやるにしても続けるという作業は大事になってきます。

ブログだって続けることが何よりも大事です。

 

続けない限り、成功はないのです。

どんなことをやるにしてもしんどい、つらい部分は存在するのです。

それをまずは理解することから始めましょう。

 

3、仕事を楽しむ努力はしたか?

 

f:id:imawoikiru2202:20181013094428j:plain

どんな環境であれ、何をしていたとしても人間は楽しむことが出来る。

 

例えば、今の仕事が楽しくないというのは自分が楽しむという行為を怠っていることにも繋がる。

楽しいことは自然と訪れてくるのではなく、主体的に自分から掴み取っていくものだからだ。

 

遊びが楽しいのは、自分で楽しもうとしているからだ。

 

仕事はつまらないもの、つらいものと受け入れるのではなく、楽しいものと考えるべきなのではないかと僕は思う。

 

仕事は自分次第でいくらでも楽しめることが出来る。

そのための努力が圧倒的に足りない人が多い。

どうせなら一生懸命にやった方が楽しいし、出来るようになったほうが楽しい。

 

そして仕事自体の楽しみを見つけることも出来る。

 

営業の仕事は僕はめちゃくちゃ楽しいと感じている。

ただ、逆にしんどい、つらいという人も存在している。

 

僕は営業という仕事自体に魅力を感じているのもそうだが、仕事が楽しいと感じているからだ。

 

今の仕事の何がつまらなくて、何がしんどいのかつらいのかというのを自分の中で整理してみるといいかもしれない。

 

終わりに

 

どうでしたか?

営業という仕事は捉え方によってはしんどい、つらいものなのかもしれません。

 

でも、捉え方によってはやりようによっては楽しくなるものです。

 

今一度考え直してみてください。

 

考えるべきことはたくさんありますし、考えるのはタダですから。

 

人生を楽しんでいきましょう。