営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!新規営業のテレアポの基本3選!簡潔にわかりやすいテレアポ講座!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

f:id:imawoikiru2202:20181001115558j:plain

私は、今営業会社で訪問販売の営業マンをやっています。

未経験で入社して、入社1年で会社No.1の成績を取ることが出来ました。

今はプレイングマネージャーとして日々奮闘中です。

 

そして私は、新規営業をやっております。

新規営業っていうと、新規開拓でかなり難しいとかなかなか契約が取れないみたいな日々が続くイメージが強いかと思います。

 

 

確かにやり方を間違えると中々契約が取れない日々が続くかもしれませんね。

 

そして、新規営業ですと、基本的にテレアポが行われると思います。

テレアポってしんどいイメージがあるかもしれませんが、そんなことないですよって記事がこちらに書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

ではこのブログではそんな訪問販売にセットで行われるテレアポの基本を書いていきたいと思います。

 

テレアポは社長様からしたら1日に10件以上電話が掛かってきて、どれもこれも似たような電話ばかりです。

中には失礼極まりない営業マンもいるでしょう。

その中から他の営業マンの中からまずは自分を選んで頂かなければいけないわけです。

 

 

テレアポの段階でもう既に勝負は始まっているのです。

他の営業マンとテレアポで圧倒的な差をつけないと、そもそもの商談の場までたどり着かないのです。

だからこそ、まずはテレアポの基本をきちんと捉えていけば営業マンとして成長していけるでしょう。

 

1、元気に明るく掛ける

 

f:id:imawoikiru2202:20181001115525j:plain

これは営業の基本でもありますね。

新規営業はお客様と電話で話す時、基本的にまだ会ったことがない状態のことが多いです。

だからこそ、見ず知らずの人と電話で話すとなるとどうしても声で印象が決まってしまいます。

 

会えば清潔感もあり、シュッとした営業マンであっても電話ではそれは伝わりません。

声だけしか伝達ツールがないからです。

 

だからこそ、元気に明るく電話をかけるということが大事なのです。

 

よく考えてみてください。

自分が社長で、電話がかかってきて、暗くて何を言っているか分からない営業マンと明るくハキハキと喋る営業マンのどちらの話を聞きたいかと。

 

同じ商品を売っていたとしても違う商品だったとしても間違いなく人は後者を選びます。

 

だから元気に明るいだけで他の営業マンよりも有利に進められるのです。

 

そうすることでそれだけで他の営業マンを出し抜けます。

 

2、わかりやすく簡潔にメリットを話す

 

f:id:imawoikiru2202:20181004102311j:plain

 

これは本当に単純です。

いくら商品の説明を詳しくしたところで、伝わっている内容なんて2割あればいい方だと思います。

 

お客様もいきなり知らない番号から掛かってきて、いろいろな話をされても頭に入らないでしょう。

 

だからこそ、商材にもよるのかもしれませんが、なるべきテレアポでは簡潔にわかりやすく話すことが大事です。

 

想像してみてください。

いきなり電話が掛かってきてよく分からない単語並べられて喋られても話聞く気にならないですよね?

でも、非常にわかりやすく簡潔に要点だけを伝えられたら話が聞きやすいものにはなりますよね。

 

そして1番大事なのは、テレアポでまずはメリットを伝えてあげることです。

これは商材やサービスのメリットを伝えてあげるのではなく、お客様にどんなメリットがあるのかというのを伝えてあげることです。

 

お客様がテレアポを受けた時に知りたいことってどんな商材やサービスを販売しているかではなくて、お客様にどんなメリットがあるかを1番最初に知りたいのです。

 

だからこそ、極端な話ですよ。

営業マンがどんな商材、サービスを販売してようが関係ないんです。

伝えなくてもお客様の悩みを解決してくれるメリットある話だと思ったらアポは取れるんです。

 

テレアポで大事なのはとにかくわかりやすく、簡潔にお客様にとってのメリットを伝えてあげることが大事なんです。

 

3、テレアポで営業をするな

f:id:imawoikiru2202:20181004102325j:plain

これはよく新人の営業マンやテレアポに慣れた営業マンがやってしまいがちなミスなのですが、テレアポで営業を始めてしまうんですね。

 

そもそもテレアポの役目は、商談を取り付けるための手段です。

 

テレアポで商品を気に入ってもらうとか、買ってもらうなんてことは滅多にありません。

てか、ほとんどないと思っていいでしょう。

 

テレアポの目的を勘違いしないでください。

 

出来ない営業マンというのはテレアポで商品の説明をしようとしてしまいます。

大事なのは、商品の説明をするのではなく、自分自身だったり、お客様に起こり得るメリットに興味を持ってもらうことなんです。

 

だからこそ、営業マンはテレアポで商品を売ろうなんて思わないことです。

 

終わりに

 

どうでしたか?

テレアポというのは基本中の基本です。

そして誰でもできるようになります。

 

最近アポが入らないなとかなかなかうまくいかないなと思ったらまずは基本に立ち返ってみてください。