営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

心配性なあなたへ!心配や不安事を考えない方法3選!成功の秘訣!

どうもこんにちは。営業マンブロガーです。

 

人生っていろんなことが起こるんですよ。

自分が思っていることのほかにイレギュラーなことがしょっちゅう起こりますよね。

というより、思った通りに物事が進んでいくなんてことは基本ない。

 

だからこそ、人生って楽しいんですよね。

 

でも世の中には心配性な人がいっぱいいます。

僕もその1人です。

 

f:id:imawoikiru2202:20181003104736p:plain

でも心配してもしょうがないことの方が多い。

 

いつ自分は死ぬんだろうか?なんてことを今考えてもしょうがないわけです。

だって誰にも分からないし、人間はいずれ死ぬものだからそんなことを考えても意味がないわけです。

 

 

でも心配性の人は考えてしまう。

その心配性で苦しんでいる人は多いと思います。

 

安心してください。

心配性はちゃんと治せますよ。

 

大丈夫です、僕も心配性でかなり悩まされていまして、少しずつではありますが、マシになりました。

一時期は心配事しか考えられなくなって何も出来ないなんてこともありました。

 

それはせっかくの人生、時間の無駄だと思いますので、是非、これを使って心配性を治して良い時間を過すようにしてください。

 

でも以外に心配性、小心者の方がリーダーに向いているなんて話もあります。

こちらの本を読んで僕も勇気付けられたものです。

是非読んでください。

 

 

 

 

1、とにかく何事にも一番最高なパターンを思い浮かべる

 

f:id:imawoikiru2202:20181001115525j:plain

心配性な人はとにかく、何においても最悪の出来事を想像してしまうことが多いです。

ネガティブなのです。

だからこそ、常に意識的に一番良いパターンの結末を予測するんです。

 

人間は悲観的になるとどこまでいっても悲観的になってしまいます。

 

 

そうなると取り返しのつかないことになってしまうこともありますので、意識するようにしてください。

 

人は何か問題が起きたときに良い結果と悪い結果を想像する癖があります。

本当は良い結果になって欲しいと思っているのに人はなぜか悪い方向にものを考えてしまいます。

特に心配性の人ならなおさらそう考えてしまいます。

 

心配性は考え方を治していけばいいのです。

無意識的に悪い方向を想像してしまうのであれば、とにかく意識的に良い方向に物事が進んでいくと信じていけばいいのです。

 

2、心配ごとを何事も考えないくらいに何かに没頭する

 

f:id:imawoikiru2202:20180926110351j:plain

心配性の人は暇さえあれば、いろんなことに心配をしてしまいます。

だから、その時間を別の何かで埋めてしまえばいいのです。

 

それは、趣味だとか、何かをチャレンジするだとか、読書だとか映画とか仕事とか。

 

色々あります。

そして何でもいいんです。

自分の心配事から身を遠ざけることが大事なんです。

 

心配事はいつもそばにあるような気がするから心配してしまうんです。

 

心配事は本来自分の身の回りに置くべきことではないんです。

でも心配性の人はそれをあたかも好き好んで身の回りにおいてしまうことが多い。

 

だからこそ、詰め込んでやりましょう。

 

 

3、自分は何に心配になっているのかよくよく考える

 

f:id:imawoikiru2202:20181003104713p:plain

心配性の人はとにかく、心配で不安でという感情が表に立ってしまうことが多いです。

 

だから、自分が本当は何で不安になっているのか、何で心配になっているのかというのが分からなくなっている人が多い。

 

あれだけ心配や不安だったことが解消するとケロってしていることって多いと思います。

それって単純に大した心配ことではなかったし、不安なことでもなかったんです。

 

だからこそ、自分が今心配になっていること、不安になっていることというのを自分の中でしっかり理解することが大事です。

なぜ、不安になっているのか心配になっているのかをよくよく考えるんです。

 

意外にその心配事や不安事の根底は大したことではなかったりします。

 

そうすれば、悩みは解決されるでしょう。

 

終わりに

 

どうでしたか?

心配性だからといって悲観的にならないでください。

それも立派な個性だと思います。

 

だから誇りを持っていいんです。

 

自分らしく、苦しまずに生きていきましょう。