営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!営業はマニュアル通りにやればいい?営業マンはロボットではない!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

f:id:imawoikiru2202:20181003141542j:plain

僕も今26歳ですが、今の若者って何においてもマニュアルないんですか?って質問が飛んでくる。

僕はマニュアルって言葉に何の魅力も感じない。

そして出来ることなら読みたくない。

 

 

人によってなのかもしれないが、マニュアル通りに生きていて仕事をして果たして楽しいんだろうか?

 

僕は、営業という仕事についている。

会社でトップの営業マンだ。

 

よく、部下にもマニュアルを作ってくださいとか、マニュアル欲しいです。

なんて言われるが、営業においてマニュアルというものは必要ないと思っている。

 

なぜ、マニュアルに拘るのか、営業においてマニュアルは必要ではない理由を書いていきたいと思います。

 

1、そもそも営業に正解など存在しない

f:id:imawoikiru2202:20180926110445j:plain

営業という仕事は本当に単純ではあるが、奥が深い仕事だと思っている。

仕事内容自体は、どんな営業にせよ、お客様がいて、自社の商品やサービスがあってそれを販売することだ。

 

でも営業において正解というのは存在しないのだ。

 

もちろん、商品やサービスを買ってもらったら○なのが営業の仕事なのだが、ルールに乗っ取ったやり方でやれば、売り方はそれぞれなのだ。

 

方法はその営業マンに任されている。

 

マニュアルとはそもそもが、昔ロボットや機械の発達がなかった時に人の仕事でこういう風に部品を詰めて、梱包するという正解がある仕事において造られたものだと思う。

 

ロボットの作業は正解があるからだ。

ここをこういう風に組み立ててればいいという風に決まっているからだ。

 

でも、営業はそうではない。

 

それは、営業という仕事が人対人で行われる仕事だからだ。

 

 

今は確かにAIが発達してきて、ほとんどの仕事がなくなるなんて言われているけど、僕は一種の営業という括りでは営業という仕事は無くならないと思う。

 

それは、何にするにおいても営業行為が必要になってくるからだ。

詳しくはこの記事に書いてありますので、ご覧ください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

マニュアルなんて作っても無駄なのだ。

 

営業においてもちろん、あるべき姿というのは各会社によって存在するだろう。

 

でも実際はそれまでの過程というのは人それぞれ全く違うものになっているだろうと思う。

 

だからこそ、営業においてマニュアルは必要ないのだ。

 

 

2、基本的な知らないことは大体ネットか本に載っている

f:id:imawoikiru2202:20181003104713p:plain

僕は、営業という仕事が自分で天職だと思っている。

それは、自分でやり方を決めることができ、自分で取り組む課題というのを考えることができるからだ。

 

ほとんどのサラリーマンというのは、与えられた仕事を教えられたようにこなすというのが仕事だと思う。

 

だから、サラリーマンはつまらないとフリーランスの人にバカにされたりするのだ。

 

確かに、ほとんどのサラリーマンはどうやってお金が生まれて、自分の仕事がどう言った役割があってみたいなことをわかってないし、考えていない人が多いと思う。

 

それだとつまらないし、指示通りにしか動くことができない人間が出来上がる。

いわゆるマニュアル人間だ。

 

でも営業職というのは、誰かに教えられた通りにやったりしても、出来る人の真似をしても出来ないことが多々ある。

 

それは人によって性格も違えば、話し方も物の感じ方も違うからだ。

 

そもそも、今わからないことがあったら、ネットや本で調べれば一発で出てくる。

マニュアルなんて必要ないのだ。

 

だって、もうネット自体がマニュアルみたいなものだから。

 

自分で調べて勉強すればいいのだ。

 

3、自分自身のマニュアルを作れ!

f:id:imawoikiru2202:20181003104748p:plain

上記にも描いてある通り、僕はマニュアル作成にかなり否定的な人間だが、唯一作っておいたほうがいいマニュアルはある。

 

それは自分自身のオリジナリティ溢れるマニュアルだ。

 

自分自身にしか使えない、他人が見てもあまり理解できなくていいのだ。

 

ようは、自分が迷った時の原点になるようなマニュアルがあるといい。

 

 

そうすることによって生き方がブレたり、迷ったりする機会が少なくなる。

 

もちろん、そのマニュアル事項がしょっちゅう変わってもいいと思う。

 

マニュアルは常に変わっていくべきなのだ。

 

もしかしたら、その自分で作った自分自身のためだけのマニュアルが将来、いいコンテンツとして販売できる可能性もある。

 

自分自身のマニュアルを作れ!

 

終わりに

 

どうでしたか?

マニュアルを求めてしまう人って多いと思うんです。

何はともわれ、大事なのは、自分で考えて行動するということです。

 

マニュアルに縛られない生き方をしよう!