営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!営業職はうつになりやすい?その理由を3つ挙げてみた!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

自分は会社員として働いております。

大学を卒業して、旅行代理店に就職し、その後、営業会社に転職をしました。

f:id:imawoikiru2202:20181003104713p:image

チームで何かやるというのが、自分に合ってない気がして、自分ひとりの力でどれだけ出来るのかということが知りたくて、営業職という仕事にチャレンジすることに決めました。

 

結果から言うと、チームで何かをやるのが苦手なのではなく、自分の力不足だったということに今更ながら気づいたのですが、営業は自分にとって天職だと思います。

 

営業という仕事は、とにかく受注を頂いてなんぼの仕事です。

 

そもそもビジネスマンとバイトの違いってなんだと思いますか?

僕はアルバイトは働いた時間で評価されます。

対してビジネスマンというのは、働いた時間ではなく成果で評価がされる仕事です。

 

 

営業職という仕事はその成果が他の仕事に比べて異常に求められるというのが仕事です。

 

そもそも営業マンの仕事は商品をお客様に提案し、契約を頂くことが仕事内容です。

なので、当たり前といえば当たり前です。

 

数字が成果が出ていなかったら営業マンはいる意味がないのです。

 

だからこそ、営業はうつになりやすいのではないかと考えています。

 

僕自身は元々営業職ではないところで「自律神経失調症」になりました。

 

人には仕事に対しても何に対しても向いている向いてないがあります。

 

向いてない人が営業についたらうつになってしまうと思う理由を今回のブログでは書いていきたいと思います。

 

ただ、出来る営業マンになることは出来ます。

その基本的なことはこちらの記事に書いてありますので、ご覧ください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

うつ病とは別に動機や息切れなど感じたら自律神経が乱れている、いわゆるうつ病の一歩手前かもしれません。

そういった方には是非こちらを使ってください。

楽になります。

 

 

 

 

 

1、数字が悪いと存在価値がなくなるから

f:id:imawoikiru2202:20181003104723p:image

営業会社あるあるだと思うんですが、人をどうしても数字で見てしまう傾向があります。

その人がどんな人間なのか、性格なのか把握してくれる上司や会社はあまりありません。

 

だからこそ、数字が悪いと存在価値がなくなってしまいます。

 

存在価値がなくなると、自分なんてという気持ちがめちゃくちゃ強くなってきます。

 

自分なんてというネガティブな気持ちが続くと、うつに繋がりやすかったりします。

 

数字で評価される営業会社ならではの理由ではありますよね。

 

数字を出している営業マンであれば楽しくて、存在価値もあり、承認欲求も満たされいいことばかりだと思いますが、全員が全員できるわけではありません。

 

どうしても数字が出ない営業マンというのは存在します。

 

そういった方には特に数字を求められたりするので、メンタル的にきつくなり、うつ病になってしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

 

2、初対面の人と会うので常に緊張感がある

f:id:imawoikiru2202:20181003104736p:image

これは人によって様々な反応だと思うのですが、初対面の人と会うのは予想以上に力を使います。

 

自分が思っているより、労力を使ったり、緊張したり、疲労したりします。

 

これを得意だと思っている人もいると思いますが、ほとんどの人が初対面の人と仕事をするのが苦手だと思います。

 

そういった知らないうちに溜まっている精神的な疲れみたいなものがうつ病につながりやすかったりするのです。

 

心の疲労というのは自分が気づいていないうちに溜まっていってしまいます。

 

 

そしてその心の疲労が溜まっているのを気づいたときにはもうすでに遅かったりします。

 

なので、初対面の人と会い続ける営業の仕事はメンタルの疲労が溜まりやすくなってしまうのです。

 

3、人に断られる行為がつらくなる

f:id:imawoikiru2202:20181003104748p:image

営業という仕事は断られてなんぼの仕事です。

行った先、行った先のお客様が全員首を縦に振ってくれるわけではありません。

 

その逆です。

ほとんどのお客様が断ってきます。

 

それが営業という仕事だからです。

 

必要なお客様に売るのではなく、必要だけど、気づいていないお客様に商品を提案しているからです。

 

人は断られるとやはり良い感情にはなりません。

 

少しくらいは落ち込みます。

いくらポジティブな人でも一回くらいは落ち込んだことはあるはず。

 

これに耐え切れなくなる営業マンも多いものです。

 

断られ続けると必要ではないんじゃないかと思い始めてしまうんですね。

 

 

そうなるとメンタルがやられてうつ病になってしまう可能性が高くなります。

終わりに

どうでしたか?

営業マンはメンタル的にきつい部分も多々あります。

もちろん、めちゃくちゃ楽しいですが。

 

うつ病になったら元もこうもないので、その前に色々変えていくことが大事ですね。

 

ただ、出来る営業マンになってしまえば、そんなことも無いと思うので、是非出来る営業マンになるための努力は怠らずにいきましょう。