営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

25歳で課長になった営業マンが語る!マネジメントで大事なことは部下の話を聞くこと!その理由を3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

僕は、今課長職に就いています。

いわゆる中間管理職です。

f:id:imawoikiru2202:20181001115509p:image

今の若者はあまり出生を望んでおらず、管理職にも就きたくないという声が多い。

 

残業が多くなるから。

責任が重くなるから。

休日出勤が多いから。

上司を見てて課長になりたいと思わないから。

 

などが大きな理由だ。

 

確かに、中間管理職に就いたら権力を得ることが出来、固定給も多少は上がるだろう。

ただ、ネガティブな部分ももちろんあると思います。

 

でも意外となってみると学ぶ部分も多く、大変なこともありますが、経験になることが多いです。

 

そして、僕が課長職、中間管理職をやって2年目になるのですが、学んだことを書いていきたいと思います。

 

 

実際に部下が成長しない、言うことが聞いてくれない。

などといった悩みって結構あると思います。

 

部下の責任はその上司にありますから悩みますよね。

マネジメントには正解がないので、とても悩みどころだと思います。

 

僕が大事にしていることは、部下の話を聞くということです。

 

部下の話を聞くということはとても大事なことです。

 

人と人は話さなくても分かるみたいな以心伝心みたいなことがあるなんていう人もいるが、そんなことない。

 

話さないと分からないことが多かったりするものなのだ。

 

僕はあえて部下と必ず、時間を作り、話を聞くようにしています。

 

その聞くという行為はとても大事なものになるのだ。

 

でも聞くということを教わったことはあんまりない。

 

でも聞くという能力はとても大事なのです。

その理由をこのブログでは書いていきます。

 

 

 

 

1、人間は話をしたい生き物だから

f:id:imawoikiru2202:20181001115525j:image

人間は何をしている時が一番心地いいかというと、自分の話をしているときなんですね。

 

よく、いやなことがあったりしたら誰かに話を聞いて欲しいみたいなことってありますよね。

そして話を聞いてもらうとなぜか心が楽になったりするときってありますよね。

 

あれは人間が自分の話をしていると、気持ちよくなってくるからなんです。

 

人間は自分の話をしているときが一番好きなのです。

 

だからこそ、課長は部下の話を聞くべきなのです。

 

普段、課長はやっぱり部下を話をするときは、立場上、課長が基本的に話すことが多くなってしまう。

 

経験も上司の方が豊富だろうし、自分の経験のもと、部下は何に困っているかを自分で判断して、部下に話をしている。

 

こうして上司が部下に話をするという構図が出来上がってしまうのだ。

 

これだと、部下の本当の問題、抱えている悩みを受け取ることが出来ない。

 

これは課長の勝手な固定概念だったりするからだ。

 

2、課長は部下のことを理解しようと努めなければならない

f:id:imawoikiru2202:20181001115558j:image

人は役職が上がると、自分という人間は変わっていないのに対して立場が変わると偉くなったような気になってしまう。

 

 

これは役職者が上がるとなおさら起こってしまう。

 

だから部下と話をしていると自然に自分が上に立場をとって話をしてしまうのだ。

 

これでは部下の本音は聞けないし、話もしてくれないだろう。

 

課長になったからといって、人間的に優れているわけではない。

何かが変わったわけではない。

偉くなったわけではないのだ。

 

課長は謙虚でなければいけない。

 

そして、部下のことを理解しようと努めなければならない。

 

 

課長は自分の方が立場が上だから自分の価値観や考えを押し付けてしまうことが多くなってしまう。

そうすると部下のことを本当に理解出来ないまま、進んでいってしまって部下の問題解決が出来ないまま終わってしまったりするのだ。

 

大事なのは、部下をしっかりと理解しようとするということが大事な仕事になります。

 

課長は部下を本気で理解しようとしなければ、部下の話を聞けないし、部下の問題解決に繋がらないのです。

 

部下の本音を聞くことが必要なのです。

 

3、課長と部下との信頼関係が出来る

f:id:imawoikiru2202:20181001115624j:image

上司と部下には信頼関係が大事です。

課長だからといって係長や平社員のことを馬鹿にしてはいけないし、下に見てはいけない。

 

信頼関係を築くことが組織を成り立たす上では大事なことなのです。

 

信頼関係を築くためには、課長は部下の話を聞くべきなのです。

 

終わりに

 

どうでしたか?

 

課長職という、中間管理職は日本特有のものであり、ただとても難しい役職ともいえるでしょう。

 

マネジメントは難しく、正解がないですが、部下の話はしっかり聞くべきだと思います。

 

一緒に頑張っていきましょう。