営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!ビジネスマンが読むべきビジネス書!オススメ3選!解説も!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

営業マンもそうですが、社会人になると毎日が勉強ですよね。

でも学生の頃と違うのは社会人の勉強はめちゃくちゃ楽しいということです。

 

だって学生の頃は、この授業を受けなきゃいけなかったし、この先生から授業を教えて貰わなきゃいけなかったけど、社会人になったら違います。

 

好きなことを自分で選らんで勉強出来るし、好きな人から教わることが出来ます。

 

今やインターネットで何でもできる時代ですもんね。

 

でも今のビジネスマンは勉強をしなさすぎだと思う。

ただただ作業的な仕事をしているだけ。

今やっているほとんどの仕事はロボットによって無くなっていくでしょう。

そうなったときに何も勉強せずに来た人は初めて気づくわけですね。

自分は何も知らないと。

 

無知は社会人になったら無力さをアピールします。

もちろん、恥ずかしいことではありませんが、それを無知のまま放っておくのか。

 

また、その無知を勉強して知ろうとするのかで大きな違いです。

 

そして勉強といえば、一般的にすぐ思いつくのが、「本を読む」ことですよね。

 

一番簡単ですが、一番大事なことだと思います。

 

今回のブログでは僕が読んでオススメしたいビジネス書を書いていきます。

 

ビジネス書と言っていいのか分からないですが、営業マンに留まらず、ビジネスマンが読んだ方がいい本を今回は書いていきます。

 

 

1、堀江貴文 著者 「多動力」

f:id:imawoikiru2202:20180919111607j:image

この本は堀江さんの本の中でも群を抜いて好きですね。

昔までは1つのことをやり続けて極めた人は確かに凄いとなった。

 

もちろん、僕は今でもそう思う。

野球を極めた、イチローは天才だと思うし、サッカーでは三浦選手なんかはサッカー界のレジェンドとも呼ばれています。

 

でも、今の時代、1つのことだけだとリスクがあるし、叶えられることが少ないということです。

 

1つのことで成功するというのは難しい。

 

それならばたくさんのやりたいことを一度にたくさんやってしまうことがいいと思う。

 

収入に関しても同じだ。

複数のマネーポイントを持っておいた方がリスクがない。

だからこそ、会社員は副業をすべきなのだ。

 

とかなりオススメの本なので、気になった方はこちらから購入してください。

 

かなりオススメです。

 

2、堀江貴文 著者 「本音で生きる」

f:id:imawoikiru2202:20180919111614j:image

同じ著者で出しているとただのファンだと勘違いされてしまいそうだが、僕は堀江さんのファンではありません。

 

確かに凄いと思う部分はたくさんありますが、僕は誰のファンでもありません。

 

この本は堀江さんの生き方や考え方が綴られています。

 

今のご時世、「空気を読んで過せ」みたいな言葉がありますが、空気を読んで生きてくのってつまらないですよね。

 

空気を読まなくていい。

自分のやりたいこと、好きなことに嘘つかずに生きていくことが一番いいんです。

 

そういった単純でもすぐ忘れてしまうことを思い出させてくれる本です。

気になった方は是非こちらから購入お願いいたします。

 

 

3、ひろゆき 著者 「無敵の思考」

f:id:imawoikiru2202:20180919111622j:image

この本は2ちゃんねるを創設したひろゆきさんが書いている本ですね。

 

僕は彼のことを誤解していました。

金持ちで傲慢な感じがしたんですが、意外に幸福満足度が高そうな人生、生活を送っている人だなと。

 

確かに人間の幸福度って大切だと思うし、幸福の基準値みたいなのも大事だと思うんです。

 

ただただ、本を読んでゲームをして知識を蓄えているだけで幸せという人もいれば、何かしてないと幸せになれない人もいる。

 

幸せの基準値というのは低くていいと思います。

 

そんなことを教えてくれる本ですね。

気になった方は是非読んでみてください。

 

 

終わりに

どうでしたか?

ビジネス本や本は本当に世の中にあふれています。

 

人もそうですが、本も出会いです。

是非こちらの紹介した本は何かの出会いだと思いますので、是非買ってみてください。