営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

25歳で課長になった営業マンが語る!出生だけが全てじゃない!自分の生き方を考える!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

僕は大学卒業後、新卒で旅行代理店に就職をしました。

そこで自分のやりたいことと違ったのと、自律神経失調症を発症したので、転職をすることにしました。

ちなみに私は旅行代理店への就職はまぢでオススメしてません。

そちらの記事はこちらに書いてありますので、ご覧ください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 今から就職活動をするような学生、転職を考えている会社員の人は是非とも見て頂きたい記事ですね。

 

そして転職してから営業会社に入社しました。

営業未経験で入社したのですが、入社半年で営業所No. 1の成績を残し、入社1年で会社でNo. 1の成績を残しました。

その成績を買われて、入社してから1年半で課長に出生しました。

f:id:imawoikiru2202:20180918224034p:image

1年半で営業未経験で課長に昇格というのはなかなかないと思います。

 

勘違いして欲しくないのは、全員がそうではないです。

もちろん、僕より歴が長くて平社員の人もいますし、年上で部下というのも余裕でいます。

 

ベンチャー企業なので、実力主義ですね。

1年半はとにかく突っ走りまくりました。

挑戦しまくりました。

 

 

でも課長職を務めて、1年ちょっとで人生のこれからの生き方で悩むようになりました。

 

今回のブログはその生き方で悩むようになった経緯と生き方について書いていきたいと

思います。

 

 

1、順風満帆な出生になぜ疑問を持つのか?

f:id:imawoikiru2202:20180918224049j:image

赤の他人から見たら、25歳で課長になり、部下を10名以上持ち、年収も800万を超えてて何が不満なんだと思いますよね。

 

僕も最初はそうでした。

給料ももらえてるし、営業自体も好きだし、会社のことも嫌いじゃないし。

 

でもふと疑問に思ってしまったんです。

 

最初に言っておきますが、僕はバカです。

 

自分ってどういう生活を送りたかったんだっけ、どういう人生を生きたかったんだっけ。

 

企業に勤めて出生して、お金稼いで、結婚してみたいな生活、人生を送りたかったんだっけ?

 

僕はいつの間にか社畜になっていたらしい。

 

僕は会社のために働きたいなんて思っていない。

自分のために働いている。

 

誰かの為でもない、自分の為だ。

 

でも単に仕事をしたいわけではない。

自分が楽しいと思える仕事をしたいのだ。

 

今現状、特に不満を抱いているわけではない。

でもこんな安定した生き方が自分らしくないと思ったのだ。

ありきたりな生き方が自分に合っているとは思えなかったのだ。

 

僕は、好きなこと、やりたいことをやっていきたい。

毎日、腹がよじれるほど笑っていたい。

そんな日々を僕は過ごしたかったんだ。

 

今はとくに不満はないが、それほど楽しいと感じているわけではない。

それは早くに出生してしまっただろうか。

 

 

人から見たら何を甘いこと言っているんだとか言われそうだけど、そう思ってしまったんだから仕方ない。

 

出生することによって責任と権限がついた。

僕が欲しかったものはこれなんだろうか?

 

毎日楽しく過ごすことじゃなかったっけ?

なのにいらない重荷を背負わされた気分になってしまった。

 

やはり上司になるとストレスも平社員の時と比べるとハンパない。

部下のことを前向きにさせたり、主体性を持たせるために色々話したり、教育をしたり、予算を達成させなければならないというプレッシャーに負けそうになる。

 

正直辛い。

f:id:imawoikiru2202:20180918224059j:image

若い時から出生するとそういうのも経験が少ないから自分としてもどう対処していいかわからなくなる。

 

2、自分の生き方を考える

f:id:imawoikiru2202:20180918224121j:image

今あなたは自分の人生を生きているだろうか?

誰かの人生を歩んでいないか?

そんな記事も書いているので、是非こちらも読んでください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

自分の人生は100%自己責任だ。

自分がどうやって生きていくかを決めて、自分がどうやって過ごしていくかを決める。

何が起こるかわからない。

 

だからこそ、人生は楽しいのだ。

 

僕は思う。

 

会社員は出生を良しとするが本当にそうだろうか?

 

最近、今まで当たり前と思うことを疑うようになってきた。

 

出生することが成功者なのだろうか?

 

幸せならそれで成功者なのではないだろうか。

 

僕はそれでいったら今もちろん普通に生きれて幸せではあるが、成功者ではないと思う。

 

なぜならもっと楽しく生きれると思っているからだ。

 

完全にこの記事はSEOなんか意識してないから好きに書いているけど、僕は好きに生きていきたいのだ。

 

もちろん、それがどれだけ難しいことかも覚悟している。

 

僕は「本音で生きていこう」と決めたのだ。

 

それを後押ししてくれたのが、この本です。

是非同じ悩みを抱えていたり、生き方が分からなくなっていたら読んで欲しい。

 

 

ホリエモンこと堀江貴文が著者の本だ。

彼はそれこそ、嫌われ者みたいな見方があるが、僕は好きだ。

 

好きなことは好きで思いっきりやって、嫌いなものは一切やらない。

はっきりしている。

 

それでいいと思うのだ。

心は永遠の小学生でいいのだ。

 

だってその方が人生楽しいから。

 

終わりに

f:id:imawoikiru2202:20180918224157j:image

どうでしたか?

改めて紹介したいんだけど、俺会社辞めるからさ、是非ともこの本を購入して欲しいななんて考えているんだよね。

 

 

でも本当にいい本だから。

マジで今すぐ買って読んで生き方を見直した方がいいと思う。

 

「本音で生きよう」