営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

箕輪厚介「死ぬこと以外かすり傷」を読んでみて!解説をしてみる!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

今回も書評を書いていこうと思います。

このブログで書く本はこちら

 

箕輪厚介「死ぬこと以外かすり傷」

です。

f:id:imawoikiru2202:20180915223844j:image

この本もホリエモンこと、堀江貴文氏がオススメしている本の一つですね。

箕輪さんは今1番スピードが速い、1週間ごとに成長していると話していますね。

気になる方はこちらから購入してください。

 

 

箕輪さんは今、幻冬舎に勤めながら、

「箕輪編集室」というオンラインサロンを経営しながら色々なことをやっている方ですね。

 

僕も最初、この本を読むまでは個人で動かれている方だと思っていたので、まさかの会社員と聞いてびっくりしました。

 

ツイッターとか見てると、普段何している人か本当に分からなくなるほど、色々なことをしています。

この前なんか水道橋博士と格闘技で戦うみたいな企画もやっていて、この人なに者なんだろうと思ってこの本を買った経緯になります。

 

 

個人でやっていないと採算が合わないくらい本当に色々やられている方です。

 

この本はそんな箕輪さんが今にたどり着くまでと何を目指しているのか。

今の会社員も絶対に見た方がいい。

会社員としての働き方はみんなが思っている以上に幅を利かせられるものであります。

それはもちろん、自分次第だったりするんだけども。

 

そしてこのブログではその本の解説を行っていきます。

 

1、量量量

f:id:imawoikiru2202:20180915223855j:image

箕輪さんの「死ぬこと以外かすり傷」を読んで、ハッと気づかされたというか、再度確認できたことですね。

 

何事にも成功したり、うまくいったり、成長したりするのには圧倒的な量が必要なのです。

 

箕輪さんはこうも言っています。

「会社員は会社員のいいところがある。」と。

噛み砕くと、会社員は何もかもノーリスクでチャレンジできるということです。

資本や人材などは会社が用意してくれるからです。

もし、挑戦したことに失敗しても自分がお金を無くすということにはなりません。

 

だからこそ、会社員は最強なのです。

挑戦し放題。

だからこそ、今の会社員は挑戦すべきなのです。

 

そして挑戦の量は果てしなく多くなくてはダメです。

 

今の成功者と言われる人たちはとてつもない量をいつもこなしています。

現に箕輪さんは会社員としても働きながらオンラインサロンをやったり、コンサルをやったりしています。

 

とにかく、成功したり、何かをやりたいとなったら圧倒的な量が必要なのです。

 

2、徹底的に模倣しろ

f:id:imawoikiru2202:20180915223903j:image

箕輪さんは今の編集者という仕事が自分を変えたと言います。

その要因として、ホリエモンこと堀江貴文氏や落合陽一さんなどの天才などと一緒にいる機会が多く、常識というのがなくなったからだと。

 

もともと、常識などがある人間ではなかったようですが、そういった出会いが箕輪さんを変えたように僕は感じます。

 

そして箕輪さんはその人の本などを書くときもアポを取るときも、徹底的にその人を研究するそうです。

 

実際に堀江さんも箕輪さんの徹底ぶりにはびっくりしたそうです。

いつしか自分よりも自分らしくなってくるなんて表現も残しています。

 

自分が尊敬している、何かをしたいと思った人は徹底的に模倣していきましょう。

 

3、ただ熱狂しろ

f:id:imawoikiru2202:20180915223911j:image

これは箕輪さんが1番伝えたかったことなんじゃないでしょうか。

今の時代、働き方改革などと言ってとにかく労働時間を減らそうみたいな動きが始まっている。

 

もちろん、世の中からブラック企業をなくすというのは大事なのかもしれません。

でも本当に仕事が楽しければ、面白くて、本当に自分がやりたいことだったらいくらやっていても何も負担にならないはずです。

 

みんな遊びが好きなのは、遊びに熱狂しているからなんです。

 

箕輪さんは「遊びのように働き、仕事のように遊ぶ」と言います。

 

遊びっていうのはいつでも遊んでいたいですよね。

その遊びと同じ感覚で仕事をすれば、決してブラック企業などとは言わず、最強の遊び場になり得るのです。

 

 

本当の働き方改革というのはブラック企業を無くすのではなく、本当にやりたいことが出来るような環境、会社を作ることなのではないでしょうか。

 

もちろん、自分でそういった環境を作り上げるのは自分自身です。

 

だからこそ、3歳児のような感覚でいいのです。

 

好きなことは好き、やりたいことはやりたい。

嫌いなものは嫌い、やりたくないことはやらない。

それでいいと思うのです。

 

そうすれば、仕事も楽しめるし、自分も成長出来ると思います。

 

終わりに

f:id:imawoikiru2202:20180915223922j:image

どうでしたか?

この本は独立したフリーランスなどではなく、会社員の人に読んで欲しいと感じました。

会社員でもこう言った働き方は出来る。

 

全ては自分次第です。

 

何もかも、自分でしか変えられない。

とにかく、熱狂するのです。

楽しい、やりたいことそれを熱狂してやるのです。

そうすることで自分の人生を楽しむことができます。

 

自分の人生の幸せのためにやりましょう。

 

成功するためには成功するだけの時間と挑戦が必要なのです。

 

気になる方はこちらから購入してください。