営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!売り上げを2倍に増やす!営業マンがやってはいけないクロージング3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

営業マンにとって数字って命ですよね。

数字で全て評価される仕事です。

 

どんだけ頑張って遅くまで残って靴をすり減らして行動していても

ゼロだった場合、会社からは仕事をしていないという目で見られます。

 

逆に効率よく、回っていてある程度数字を出している人は仕事が出来る人と

して見られます。

 

それが営業の世界です。

 

結果が全てなのです。

だからこそ、分かりやすい仕事でもあるのです。

 

要は結果を出せばいいのです。

数字を出せばいいのです。

 

 

大事なのはそこだけです。

 

逆に営業は数字を出していれば楽しいし、楽な仕事なのです。

 

では数字を出すためにはどうしたらいいのか。

それが分かっていない営業マンが多い。

 

もちろん、数字が出ていない営業マンの原因というのはたくさんあります。

その中でも今回クロージングについて書いていきたいと思います。

 

クロージングが弱い営業マンって多いんですよね。

お客様の背中を押せない営業マンが多いんです。

 

クロージングとは料金掲示から契約にいたるまでの行為ですね。

僕自身、このクロージングを制すものは営業を制すとも思っているくらい大事なものです。

 

なので、今回はそのクロージングでトップ営業マンである僕が大切にしている部分をこのブログでなんと無料で公開してしまいます。

 

なので、是非最後まで読んでください。

 

1、今日は決めない、考える、相談するを信じない

かなりの営業マンはこの言葉で苦しんでいることでしょう。

ほとんどの営業マンはこの「検討」の言葉に苦しんでいます。

そして即決への意識が低いと感じています。

営業マンはとにかく即決にこだわることが大事なのです。

 

そしてほとんどの営業マンは無駄なやさしさから、

お客様の「前向きに考えるね」とか、「相談してから決めます」

って言葉を信じて現場を出てきます。

 

確かに、決裁者(決定権が有る人)でなければ決まりはしませんが、

決裁者である場合、お客様が決められないということは一切ありません。

 

営業マンで大事なのはクロージングの部分で、

「今日は決めない」とか「考えたい」とか「相談したい」とかを

信じないことです。

本当に検討してくれる人もごくまれにいますが、ほとんどが検討など一切しません。

 

検討する時間も社長様の場合ないはずだし、

 

検討=やらない

 

だからです。

やるとなったらその場でやるからです。

なので、まずは「考えたい」「相談したい」などの検討の言葉を信じないことです。

 

2、押し売り営業にならない

これも結構やってしまう営業マンが多いのですが、

知らない間に売るのが目的になってしまって、それをダイレクトに伝えてしまって、

契約にならないパターンが多いです。

 

もちろん、営業マンにとって契約はゴールと考える人はいるかもしれませんが、

お客様にとってはスタートなのです。

 

なので、「契約して欲しいから契約してください」

みたいなクロージングをしても誰も買いたいとは思ってくれません。

 

 

いわゆる押し売り営業ですね。

これは自分勝手な営業マンです。

結果が出ない営業マンは自分勝手な人が多かったりします。

あとは自分の欲望が出てしまう。

 

大事なのはお客様にとってこの商品を買うとどんなメリットがあるのか。

 

どういったことが起こるのかをしっかり教えてあげることが大事。

 

だからこそ、お客様の為に持った方が良いんです。ということを熱意を持って伝えてあげることが大事です。

 

お客様の為にあくまで僕たち営業マンというのは存在しています。

 

そのことを忘れないでください。

 

3、料金の話ばかりしない

クロージングは料金掲示から契約にいたるまでの行為なのに、

料金の話ばかりしてはいけないの?

と思ってしまう人もいるかもしれませんが、

 

もちろん、お客様は料金で悩まれていることも多いものです。

 

だからといって、

料金の話ばかりして値引きばかりしている営業マンは信頼を無くします。

 

営業マンはお客様との信頼関係が大事です。

 

お金の話ばかりして、このくらいの料金ならなんて話ばかりする営業マンは嫌われます。

 

もちろん、料金の話をしながらではありますが、

まずは前提に今のお客様の状況的に考えても、

ニーズから引き出してみても、

 

今ご提案している商品は絶対的にもたれた方が良い!

 

ということも何度も伝えてあげることが大事です。

本当にお客様の為を考えてます。とアピールすることが大事です。

 

 

もちろん、僕自身本当にお客様の為になると思っていつもご提案しています。

 

お客様第一なのです。

 

終わりに

どうでしたか?

やっぱりクロージングで悩む営業マンは多いと思う。

僕もかなり苦しんだ時期はありましたが、自分自身で考え行動を重ね、

自分なりのクロージングを生み出しました。

 

クロージングを制すものは営業を制す。

 

単純です。

 

自分のクロージングを今一度見直してみてください。