営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

足立花火大会を見て、花火って楽しい?カップルで花火大会デートをオススメしない3つの理由!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

夏本番ですね。

実際に夏といったらかなりのイベントがありますよね。

 

だからこそ、夏というのはとてもホットな季節になるのかもしれない。

暑いからあんまり外に出たくないはずなのに、なぜか夏になるとどこかいきたくなる。

夏の魔法ですね。

それは夏にしか分からない魔法なのかもしれません。

 

でも中にはもちろん、夏に対してアンチな人もいますよね。

 

 

夏は嫌い、暑いだけ。

イベントはパリピだけのもので、インドア派の自分には関係ないなんて人も居ると思います。

それはそれで考え方なのでいいと思います。

 

本題に戻りますが、

夏の代表的なイベントといえば、花火大会ですよね。

f:id:imawoikiru2202:20180823111802j:image

カップルで行く人も多いのではないでしょうか。

夏といえば、カップルで好きな人と花火を見るなんてのが当たり前ですもんね。

 

でも僕はこの花火大会に関してはかなり否定的です。

夏のイベントは大好きですが、花火だけはどうしても好きになれません。

 

ここ何年か、仕事が忙しかったりして全然花火を見てなかったんですけど、

今年何年ぶりかに花火大会を見る機会があったので、見てきました。

 

で結果から言うと、

「花火を見てなんなの?」っていうのが正直な感想でした。

 

なので、僕自身、カップルで花火大会に行くことはお勧めしてません。

 

その理由をこのブログでは書いていこうと思います。

 

1、人混みが凄くロマンチックとは程遠い

f:id:imawoikiru2202:20180823111817j:image

これは確かに、僕の性格もあるかもしれませんが、花火大会は基本的には、人が多く身動きが取れないなんてこともあります。

というかそれが当たり前です。

 

人込みが凄いところでロマンチックなんてことは起こりえません。

 

基本的にはカップルで行くとストレスが溜まる可能性が高いです。

 

暑いし、人混みはすごいし、いいことないです。

 

ただ、例外として高いタワーなどのレストランを予約して、そこから見る花火なので、あれば話は全然別です。

 

花火をロマンチックだなんて人が言うけど、

それは静かで人が少なくてなんてドラマみたいな状況でしか有り得ません。

 

2、近くまで行く必要がない

f:id:imawoikiru2202:20180823111830j:image

これ結構思うんですけど、

花火大会って皆近くで見たがると思うんですね。

 

近くで見るメリットって何ですかね?

 

遠くからでも花火は見えます。

音も聞こえます。

 

近くで見たがる理由ってのを逆に知りたいです。

 

雰囲気を味わいたい、屋台に行きたいなんて感じでしょうか?

 

僕は花火は遠くから人混みの少ないところでカップルで見ることに価値があると思います。

 

 

わざわざ花火大会に近くまで行く必要がないですね。

 

3、座れず立ち見になることが多い

 

朝から実際にその場所にいって場所取りをしているならまだしも。

実際に有料席をとってもう見る席を完全に確保しているならまだしも。

 

暑い中、立ち見で浴衣で、カップルで1時間近く、花火を見ているのはしんどいです。

 

ディズニーランドに行くと分かれるカップルが多いなんて説がありますよね。

 

その原因は待ち時間だといわれています。

立ちながら1時間くらい待っていると疲れてきて、会話が出来なくなったりするといったことですね。

 

ディズニーランドでさえそういうことが起こるんですから、

花火大会なんてなおさらそういうことが起こってもおかしくないですよね。

 

あなたのカップルの寿命のためにも花火大会にいくことはオススメできません。

 

終わりに

どうでしたか?

花火大会って確かに、綺麗だし、夏のイベントだから、

カップルにとってはぜひとも参加しておきたいものだというんは分かっているんだけど、

 

 

わざわざ近くまで行く必要は無いと思います。

 

賢い人は花火が見えるレストランなんかを事前に予約していたり、

人が少ない穴場を見つけているなんてカップルも多いと思います。

 

それだったらまだありですね。

 

せっかくの夏の風物詩なので、楽しい時間を過せるように工夫をしてくださいね。