営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!究極の遊びって目的も結果もないものなんだと思う!

どうもこんばんは、

営業マンブロガーです。

 

社会人の人は特にだと思うんだけど、

今例えば友達と遊ぶみたいなことになったら何をすることが多いかな?

 

大人になればなるほど、

 

飲み行くこと

ご飯行くこと

 

だったりすると思うんだよね。

 

これで小さい頃を思い出して欲しい。

 

小さい頃は、

とにかく遊ぼうってなって公園とかに集まって

「鬼ごっこ」や「ドロケイ」や「缶けり」などの遊びをしてましたよね。

 

もしくは誰かの家でゲームやってたりなんかするかな。

 

遊びの種類で面白い、面白くないを分けるわけではないけども、

とにかく小さい頃の方が、遊びにかける楽しさというのは間違いなくあったと思うんだよね。

 

今がもちろん、楽しくないわけではないんだけど、

あの子供の頃の遊びの感覚を取り戻したいなと本気で考えてます。

 

今はさっき言ったけど、

大人の遊びって基本座っていることが多いという。

何か遊びをするわけではないみたいなことが多いと思う。

 

でも僕自身、

究極の遊びは外で、何の目的もなく人が集まって、

とにかく楽しそうなゲームなんかをすることだと思っている。

 

根底で変わってない部分もあるかもしれないけど、

大人になって遊ぶことへの種類が欠乏しているように感じる。

 

だからこそ、遊びにこだわっていきたい。

 

あのホリエモンこと、堀江貴文さんもこれからは

「遊び」がビジネスになるんて言っている時代だ。

 

社会人で平日は疲れている、社会人じゃなくても

とにかく「遊び」で楽しみたいという気持ちはたくさんあると思う。

 

だからこそ、今確かに「遊び」が文化になり、ビジネスになるのだ。

 

今の時代、遊び方、楽しみ方を知っている人は強い。

 

「遊び方」や「楽しみ方」を知らない人が多すぎる。

 

よくいや、今の人生のままでも充分幸せなんでって言われるけども、

それ以上楽しい人生になったらもっと最高だと思うんだよね。

 

だからこそ、

 

究極の遊びを作りたいと思っています。

 

遊びが世界を変えるし、救うと思う。

 

どうせいつも週末のみに行くだけなら、もっと面白い遊びをみんなで作っていきませんか?