営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

自律神経失調症が語る!心の健康を保つ方法3選!心の健康の大切さ!

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

自律神経の記事を最近書いておりますが、

これは自分が約3年前に「自律神経失調症」にかかってから、

自分なりに知識を集め、勉強し、それを実践してきました。

 

この現代社会には、ストレスというのはたくさんあります。

その中で誰しもなる可能性があると考えました。

なので、そうならないようにもしくはそうなりそうな時に、

是非このブログの記事を役立ててほしいと思い、

このブログを書いています。

 

是非参考にしてください。

ストレス社会だからこそ、役立つ知識があるのです。

 

体の健康ももちろんですが、

心の健康を保つのも大事な事です。

 

心身は一体なのです。

 

だからこそ、心の健康法を書いていきたいと思います。

うつ病になると働くのもしんどい。

その際には是非こちらのサイトから求人を探してみてください。

 

うつ病や発達障害など障害がある方の就職と定着を支援する施設【ニューロワークス】

 

1、休息を意識的に取る。

 

みんな、基本的に休むとなったら、

夜に寝るとか、そんな事を考えている。

 

でも心というのはそう簡単に休息を取れないのだ。

 

だからこそ、意識的に休息を取るというのが、大事なのだ。

 

意識的に休息を取るというのは、寝るとかそういった事ではない。

 

大事なのは何もしない、何も考えない時間を作るという事だ。

 

もしくは自分の好きな事をひたすらやるといった時間を作るという事だ。

 

心というのは自分が思っている以上に普段の生活で磨り減っているものなのだ。

自分が気づかないだけ。

むしろ、気づいた時にはもう自律神経乱れているって事のが多い。

 

それほど、心の健康というのは意識的に保たなければいけないのだ。

 

だからこそ、意識的に休息をとるのだ。

何もしない、何も考えないという時間を作る。

 

もしくは無心で出来る自分の好きな事をやるのだ。

 

2、水をしっかりと飲む

水と心の健康って関係あんの?

なんて言われる事があるんだけど、これがめちゃくちゃあるんです。

 

今現代の人は嗜好品が多くて水を飲む機会が少ない。

 

水分を取ればいいと思って、

コーヒーや緑茶などのカフェインが入っている飲み物。

ジュースなどの砂糖が入っている飲み物。

 

これを飲む機会が非常に多いのではないでしょうか?

 

人間が純粋に求めているのは水なのです。

 

人間の体は1日に水を2リットル飲めばいいと言われていますが、

飲めていますか?

 

カフェインは交感神経を刺激する飲み物なので、心の健康にはあまりお勧めしません。

砂糖などが入っているジュースはそもそも体に良くないので控えましょう。

 

水を飲むことが大事なのです。

 

そして水を飲むことを習慣化することが大事なんです。

 

水を飲むことを習慣化することでめちゃくちゃお勧めなのが、

家にウォーターサーバーを置くことです。

ウォーターサーバーを考えている人はこちらから

 

初月無料キャンペーン

初月は無料なので、ぜひ試してください。

 

水を飲むことで体も健康になれますし、心も健康になれます。

 

3、とにかく楽しいことを思い浮かべる 

心が健康でない時こそ、心が疲れている時こそ、

自律神経が乱れている時ほど、ネガティブなことを考えてしまいます。

 

嫌なことが思い浮かんでしまう。

嫌なことが起こるんではないかと思ってしまう。

 

大事なのは無理矢理にでも良いことや楽しいことを思い浮かべること。

 

もしくはリラックスした感じを想像すること。

 

これは無理矢理にでもやってください。

 

無理矢理やってもここは心の健康上に問題ない。

むしろ無理矢理にでも脳を良い方向に切り替えるようにしてください。

 

それが心の健康につながります。

 

終わりに

 

どうでしたか?

ストレスが当たり前にある現代だからこそ、

心を健康に保つことが体の健康にもつながります。

 

以上3つが僕が実際に実践している3つの方法です。

まだまだ確かにありますが、それはまた別の記事に書いていきます。

 

時代は変わっていく、

働き方も変わっていく。

大事なのは辛い時は逃げてもいいし、休んでもいいということ。

 

人らしく楽しく生きていこう。