営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

動悸がする、喉の違和感、小さなことでイライラ!それは自律神経の乱れかも?

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

23歳の頃に自立神経失調症になって

約3年間が経ちました。

 

実際、症状は重い方ではないですが、時々辛くなります。

 

自立神経失調症というのは現代ではかなり多くの人がなっている可能性が高く、

また自立神経が乱れている人だと社会人のほとんどの方がそうだと思います。

 

自立神経失調症はひどくなると、うつ病に発展したりと良いものではありません。

 

僕も早い段階からこの自律神経の乱れについて知っていれば、

もう少し、自分を上手く管理出来ていたのかなと思うので、

是非皆さんに知っておいて欲しいと思い、この記事を書くことにしました。

 

そもそも自立神経とは

めちゃくちゃ簡単に言うと、自分の体を無意識のうちに動かしてくれる神経ですね。

皆さんは呼吸をしようと思って毎回呼吸しているわけではないでしょう。

 

心臓の脈打ちも自分で意識して打っているものではないでしょう。

あれは全て自立神経が働いてくれているから成り立っているのです。

 

それくらい自立神経というのは大事な神経なのです。

でも意外と皆さん知らなかったりしますよね。

 

風邪を引いたりしてもそれが何が原因なのかは知ろうとしない。

 

それが落とし穴なんですね。

自律神経の乱れを疑ってみてください。

どんな時に自立神経の乱れを疑えばいいか、書いていきますので、参考にして下さい。

 

 

ちなみに自立神経が乱れると、腸内の働きが悪くなりますので、

そんな方にはこちらをぜひ使用してください。

 

腸内環境を整え、カラダの内から体質改善

 

1、激しい運動もしていないのに動悸がする

基本的に激しい運動や階段登った時なんかに脈が早くなって自分でも気づく時ありますよね。

 

心臓がドクンドクン言ってるみたいな。

あれが動悸です。

 

基本的に滅多に起こらないですよね。

 

でも大事なプレゼンの前だとか、

クレーム対応の前だとか、

 

好きな人に告白する時だったりに

 

自分の動悸が聞こえる時がありませんか?

 

好きな人に告白する時の動悸は至って健康的なのかもしれませんが。

 

激しい運動もしていないのに、動悸がするというのは自律神経の乱れが疑えます。

 

 

自律神経が乱れていると、動悸が何もしていない、むしろ寝ている状態の時でも来る時があるんです。

 

そうなってくるとかなり心が疲れている状況だと認識してください。

 

2、喉の違和感

これは結構、「自律神経失調症」になった人が訴える症状なんだけど、

喉に違和感があるんだよね。

 

具体的にどんな違和感と言われると説明が難しいんですが、

飲み込みづらいとか、イガイガするとか。

 

あとは喉に何かあるような感じがするとかは結構多いですね。

 

そしてその喉に違和感によって呼吸がうまく出来ていないような錯覚になったりします。

 

ご飯とかも食べづらくなるんですよね、ひどくなると。

喉の違和感って普段じゃ喉が痛いくらいしかないから

症状が出たらすぐ気付くとおもいます。

 

普段の風邪の感じとも全く違うので、自律神経の乱れかと疑ってください。

 

3、小さなことでイライラする

 

これはもともとすぐイライラする人だったら、中々見分けがつかなくて

難しかったりもすると思うんだけど、

 

とにかく小さなことでイライラしたら、心が疲れている証拠だと思ってください。

 

もしくは心の小さい方だと思ってください。

 

でもイライラするってことにも間違いなく原因があるんです。

 

本来だったら、あんなにイライラしないのに、

なぜあん時にあれだけイライラしたんだろうって気分になります。

 

そしてその気づきがある人ほど心に余裕がないのです。

 

ひどい人だと

パソコンの打ち間違えを自分でしただけで、どうしようもなくイライラしてしまったりします。

 

いつもだったら

「あ、間違えた」で済む内容がすぐイライラしてしまうんですね。

 

これがあったら今すぐに休息を入れるべきです。

 

どうしたら治るの?どう休めがいいの?

自律神経の乱れというのはそう簡単には治りません。

じっくりじっくりしっかりと休息をいれて時間をかけてよくしていくものなのです。

 

具体的にどうすればいいのかというと、

自律神経というのは交感神経と副交感神経で成り立っていて、

 

車でいうと

交感神経はアクセル

副交感神経はブレーキ

の役割を果たしています。

 

普段は交感神経と副交感神経がバランスをとりながら生活しています。

 

自律神経が乱れている人は

交感神経が多くの割合を占めてしまっているため、

副交感神経を高めてあげればいいのです。

 

そのやり方はこちらの記事に書いてあります。

 

トップ営業マンが語る!自分なりのリラックス方法!心を休める方法!自律神経失調症! - 営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

 

上記の症状に当てはまる人は是非みてください。

 

 

終わりに

 

どうでしたか?

普段の生活では全く気にしない自律神経。

でも人間の大事な部分を司っているんですね。

 

上記の症状が出たからといってすぐに「自律神経失調症」のわけではありません。

心が少し疲れているだけの場合もあります。

 

そんな時は無理をせず、休息を意識的に取るようにしてください。

 

無理をし続けると取り返しのつかないことになりますよ。

 

自分の体を何よりも大事にしてください。

 

そして自立神経が乱れると腸内の働きも弱くなりますので、

そんな方にはこちらもおすすめしてます。

 

腸内環境を整え、カラダの内から体質改善