営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

新時代の幕開けだ!平成最後の夏!自分の本当にやりたいことを知る方法を伝授します!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

実は僕、高校までずっとサッカーをやっていたんです。

 

小学校3年生の頃にサッカーに興味を持ち始めて、

(親父はずっとラグビーをやらせたかったらしい)

地元のクラブチームに入った。

 

クラブチームといってもチームに所属している子供の父兄がコーチをやっている

遊び感覚のチームだ。

でもとても暖かい雰囲気だった。

 

サッカーが自分にとっての遊び

小学生の頃はとにかくサッカーが自分にとっての遊びだった。

みんながゲームやドロケイ、デジモンあたりをやっている時に僕はサッカーに明け暮れた。

 

もちろん、サッカーは一人では出来ない。

そんな僕のサッカーという遊びに付き合ってくれた友達がいた。

僕は幸せ者だった。

ちなみに3人でよくサッカーで遊んでいたんだけど、

2人は超強豪校に入学してテレビにも出てた。

 

好きなことで遊ぶという感覚があった。

小学生だからか、分からないけど、上手くなるから好きではなかった。

サッカーというスポーツを純粋に楽しんでいた。

 

これって大人になると失くしてしまう感覚なんだよね。

何かを好きになってそれにしか目が行かなくなって集中する。

 

好きなことが自分にとっての遊びになる。

 

それがビジネスに発展する可能性があるにもかかわらず。

社会の荒波に揉まれて忘れてしまうんだよね。

 

自分の好きなことを。

 

自分の好きなことをやる感覚を思い出す

僕は今、自律神経失調症というのにやられて

会社を休んでいる。

それに関しての記事はこちらから読んでください。

www.imawoikiru-boku.net

 

そして何もすることがなくなった。

 

今までは会社にいって仕事があったからそれをやる生活を平日は毎日、続けていた。

それが当たり前だったからだ。

 

でもそれが一気になくなると人間、何をしていいのかわからなくなる。

 

そしてあの小学生の時の気持ちが蘇ってきた。

小学生の時は確かに宿題などはやるべきことだったかもしれないが、

 

基本的には何かをやりたいという感情で動いていた。

 

遊びをとにかく大事にしていた。

 

僕にとってのそれがサッカーだった。

 

あいにく今はサッカーをそんなにやりたいと思ってはいないのだが、

サッカーに似たようなものは見つけた。

 

でもこれを見つけられたのは、

何もするべきものがないという環境に身を置けたこと。

 

何もするべきことがないということは、

自分のしたいということに対して純粋に進んでいけばいいということ。

 

そういった環境が自分の本当に好きなこと、やりたいこと。

人間が送るべき生活なんじゃないのかなとおもった。

 

人はやるべきことのためにいるんじゃなくて、やりたいことをやるために生きているんだ。

今、やるべきことに追われていて、

自分が何をしたいかわからなくなったら、

やるべきことを全て放棄してあげよう。

 

大丈夫、何も問題はない。

 

小学生のように社会人でも生きていいんです。

 

辛いことを乗り越えないと苦しいことを乗り越えないとと

大人は言う。

これは企業の洗脳です。

戦略です。

 

でもそんなことないんです。時代は変わってるんです。

確かに、やりたいと感じることでも

壁などは存在する。

 

でもやりたいことの目の前に立ちはだかる壁は自分の力で乗り越えようと

主体性を持ってできたこと。

だから別に苦しくも辛くもなかった。

 

やりたいはいつしか出来るに変わっていて、

自分の人生の壁を乗り越えられるようにできているんです。

 

大人は言う。

壁を乗り越えろ!と。

 

でも乗り越えなきゃいけない壁ばかりではない。

横を通ってもいい壁もある。

 

大事なのは、自分を無にする時間が必要ということ。

 

今の社会人にとってこれはとても大変なことであると思う。

 

でも出来ないことではない。

 

ちゃんと話して有給申請を出せばいいのだ。

 

有給は取るべきものなので、堂々と取ろう!

 

取らないのは時代遅れの者だ。

 

それを気づけたこの連休は自分にとってとても良い時間になった。

まだ休みは全然あるけど。

 

好きなことをやり続ければ良い。

それが僕はブログと動画だった。

 

別にそんな収益が出ているわけでもない。

とてもこれだけでまだ生活が出来るわけではないが、

僕がやりたいことだし、出来ると思っている。

 

僕がやりたいと思ったことは根拠がないけど、

出来ると思っている。

営業においても同じことが言える。

www.imawoikiru-boku.net

 

大丈夫。

成功している人も確かに特別な力があった人もいると思うけど、

全員が全員そうじゃない。

 

普通の人だったんだ。

 

だからこそ、自分に出来ないわけがない。

 

終わりに

 

世界には搾取する側と搾取される側にいる。

今ほとんどの人が自分の労働力と言うのを搾取されている状況だろう。

 

搾取される側はとことん搾取される。

 

でも自分の好きなことをやっている人はどちらにも成り得ない。

新時代の幕開けだ。

 

今年は平成最後の夏。

 

文字通り、新時代の幕開けだ。

 

行動を起こすなら早い方がいい。

 

そして行動を起こしたもの勝ちだ。

 

世の中は思っても行動しない人ばかりだ。

 

まずは自分のやりたいことを探すのだ。

 

それが自分の中にある大事な大事な宝物になるから。

note.mu

 

そして自分のやりたいことを発信してみよう!

このブログを使って!