営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

元旅行代理店の営業マンが語る!代理店に就職はオススメしない理由を3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

就活って人生の中で一大イベントみたいになっているね。

もちろん、入る会社によって人生を左右されることになるかもしれないから、

一大イベントと言えるかもしれない。

 

人によっては大手企業に入りたかったり、ベンチャー企業に入りたかったりするんだろうね。

 

僕自身も、普通に大学に進学していたので、

就活は経験してます。

正直僕は全く就活に力入れてませんでした。

全く!

 

本当に全く!

 

 

適当に受けて内定もらったからそこでいいやみたいな感覚で入ってしまいました。

んで結果、失敗をしたので、

今の就活生にはそんな失敗をして欲しくないということで、

 

色々な会社や業界、職種がある中で、代理店だけはオススメしないよというのを

声を大にして言いたいと思います。

特に旅行代理店はオススメしない!

 

内定がまだもらえてない就活生はこちらがオススメ!

 

無い内定を解消するには!

 

 

そしてその理由を含めて書いていきます。

 

就活生よ、自分と同じ道だけは辿らないでくれ。

 

1、そもそも将来性がない

僕は代理店の将来が全く持ってないと思っています。

確かに以前までは代理店があることによってビジネスもしやすかったし、

エンドユーザーの人にも馴染みがあった。

 

この話では旅行代理店を持ち出し話をしていこうと思う。

 

以前までは旅行に行こうと思ったら、

トラベルコや雑誌などを見て、

旅行代理店に申し込んでツアーなどに参加するのが当たり前だった。

 

それが当たり前だったのだ。

だからこそ、旅行代理店は繁栄した。

そして旅行代理店に就職する人も増えたのだ。

 

でも今の時代、旅の形も変化してきたり、

時代も変わってきて、

旅行者が直接、航空会社に航空券を購入するようになったし、

ホテルに旅行者が直接、予約するようになった。

 

そもそもゲストハウスなるものが主流になってきて、ツアーなどにも参加する人が減ってきているのだ。

 

要するにだ、

エンドユーザー、ここでいう旅行者も旅行代理店なんて必要ないよ!

と主張してきているわけだ。

 

そうすると、牛丼戦争じゃないけど、

旅行代理店は価格競争を始める。

安ければ安いほど、お客様が来てくれると勘違いをするのだ。

自分の首を絞めるとも知らずに。

ビジネスにおいて安売りほど価値がないものはない。

 

大事なのは、問屋にも同じことが言えるかもしれないが

中間業者は苦しくなってくる、これからさらにだ。

 

なので、僕は将来生がないと思う。

だから代理店に就職はオススメしない。

特に旅行代理店には就職はオススメしない。 

2、単純にやっててつまらない

 

 

代理店というのは基本的に何かを仕入れてそれを組み合わせて販売するような形だ。

確かに何か新しいものを生み出すときには、

 

既存のもの×既存のもの=新しいもの

 

となるケースが一般的だが、代理店から新しいものが出ることはまずない。

 

ほとんどの代理店が固定概念にとらわれ、新しいものを取り入れようとしない保守派な会社ばかりだからだ。

 

ビジネスの流れというのは自分が思っているよりもはるかに早い。

 

流行っていたものも半年したら廃れていってしまうものばかりだったりする。

3年続けばそれは固いビジネスだ。なんて言われてもいる。

 

だからこそ、新しいものを生み出したり、会社自体が変わっていったり、

変化が問われる時代なのだ。

 

なのに未だに、卸されたものしか掛け合わせられない代理店は単純につまらない。

 

基本的に新規事業というのが存在しないからだ。

 

代理店の仕事は単純作業が多い。

特に旅行代理店に就職したら、単純作業の嵐だ。

 

それはロボットにやらせておけばいい。

 

もっともそういった単純作業でつまらない仕事が好きな人には逆の話になるかもしれないが。

 

3、稼げない

 

日本ってお金の話するとあんまり良いイメージないけど、はっきりさせよう。

 

早期内定を実現

生きていくのにお金は必須だ。

 

そしてお金があればあった分だけ、人生が豊かになる可能性というのは高くなる。

 

お金持ちが幸せなわけではない。

でもお金を持っていると可能性が広がるのだ。

 

持っている選択肢が1つしかない人生と

どんな人生でも選べる選択肢を持っている人生だったら後者の方が明らかに豊かな人生になる。

 

だからこそ、お金があるに越したことはないのだ。

 

お金がなくても幸せだ!なんて語るのはお金を稼げない人がいうただの負け犬の遠吠え!

 

お金を持っている人でそんなことを言う人に会ったことがない。

 

そして代理店はお金を稼げない。

特に旅行代理店に就職したら激務だし、給料が低い。

 

なぜなら利益が出にくいからだ。

自社で商品を生み出しているわけではないので、

基本的に他社から仕入れいている。

それを販売しているので、利益率が良くない。

 

よって自社で商品を開発し、販売している会社よりも稼げないのは明白だ。

 

そして代理店は年々、価格競争になっている。

価格競争になっている業界は要するに儲かっていないということだ。

市場の確保に手一杯になっている。

 

だからこそ、代理店は稼げない。

 

終わりに

 

どうでしたか?

就活生にはちょっと厳しい話だったかもしれないけど、これが現実だ。

そしてもう既に代理店で内定をもらっている人には申し訳ない気持ちにさせたかもしれないが、

もう一度、考え直してみるのもいいと思う。

特に旅行代理店に就職が決まっている人は特に考え直して欲しい。

 

 

何せ、人生の一大イベントだ。

まだまだ募集をしている会社もあるし、

楽しい会社も沢山ある。

 

あなたの可能性を代理店で終わらすのは勿体無いなと思う。

旅行が好きで旅行代理店に就職っていうのも浅はかだと思う。

 

 

これからの自分の価値を信じて就活を進んでいってほしいと思う。

 

こちらで是非、相談に乗ってもらいながら、

就活した方がいい!

 

後悔をしないで。

後悔をしない就活にはこちら。

後悔のない就活