営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

自律神経失調症が語る!タバコの辞め方おすすめ3選!禁煙は周りの人も幸せに?

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

台風も連日続いて気温も高くて大変ですね。

ということで今回の記事は、「タバコ」について書いていきたいと思います。

 

今の時代、喫煙者にとってもかなり生き辛い世間になりましたよね。

以前であったら、会社のオフィスでも吸える時代だったのが、

今じゃビルに喫煙所がないなんてこともあります。

 

ましてや喫煙者は採用しないなんて企業もあるくらいですね。

 

そもそも「タバコ」自体は百害あって一利なし。

と言われてもいますよね。

 

「タバコ」を辞めたい人も多くなってきたはず。

僕自身も20歳の頃から今年の2月まで6年間「タバコ」を吸っていました。

吸ったきっかけは先輩に勧められてというのがはじめですね。

毎日1箱吸うような生活をずっと続けていました。

 

ちなみに「タバコ」を勧める先輩は碌でもないので覚えておいてください。

 

では今回はその「タバコ」の辞め方について書きます。

「タバコ」は本気でやめた方がいいです。

 

1、タバコを吸う環境に行かない

今じゃ路上喫煙は法律でもダメとなっていますから基本的に、

「タバコ」を吸うとなったら、喫煙所に行きますよね。

 

これめちゃくちゃ単純なんですけど、

「タバコ」は喫煙所に行かなければ吸わないで済むんです。

 

タバコを吸う人と一緒にいるからタバコを吸ってしまう。

なので、なるべく非喫煙者と付き合うようにしましょう。

 

ここで問題なのが、飲み会の席ですね。

でも飲み会も同じです。

 

基本的に吸わない人と隣にいればいいのです。

吸わない人は「タバコ」を吸うという文化がないので、あくまで自然体でいられます。

 

吸わないというのを自分の中で当たり前にしていくということが大事なんですね。

 

2、ガムを噛む

 

これは結構言われていることですよね。

単純に「タバコ」を我慢していると、口元が寂しくなってくるんです。

 

「あー、タバコ吸いたい」って気持ちは寂しさからきているとも言えます。

 

ここで必須なのが、ガム。

 

ガムを噛みまくってください。

ボトルのガムを買うのがオススメです。

 

3、病気になったことを考える

 

これが僕が1番「タバコ」をやめることとなったきっかけにもなるんです。

今の時代、インフラや様々な環境も整っていて、

寿命も長くはなっていますが、自分は健康寿命というのを大事にしたいと思っています。

 

確かに長生きしたい。

でも寝たきりの状態で誰かの手を借りなければ生きていけないなんて生活はあまり長く過ごしたくない。

これはみんな思っていることだと思う。

 

「タバコ」は様々な病気の原因になりますし、「癌」の原因にも立派になると証明されています。

 

そして医者の友達に聞くと、

大体大きな病気になる人は「タバコ」を吸っている人が多いなんて話も聞きます。

 

では今、あなたが大きな病気になったとしましょう。

そしたら、あなたの大切な人や友達はどれほど悲しむでしょうか。

心配するでしょうか。

面倒をかけるでしょうか?

 

考えたことはありますか?

 

今の時代、自分が健康でいるということが1番の財産なのです。

 

健康でいるために過ごすことが1番大事なのです。

 

「タバコ」を吸っている人の多くが、

身体に実際にどんな影響を与えているか、分かっていない人がほとんどだと思います。

 

まずそれを自分で調べてみるのもいいかもしれません。

sugu-kinen.jp

 

確かに今が楽しければいいという発想は大事ですし、

僕も大切にしています。

 

でも健康はそれよりももっと大事です。

 

終わりに

 

ただ「タバコ」ってやめるきっかけがなかったら、辞めるものでもないなんてことも多いですよね。

僕も大切な人が辞めてと言ってきたので、辞めることにしました。

 

1人で辞めるというのも非常に難しいです。

周りの支えというのが大事です。

 

自分の意志だけでは「タバコ」の依存性に勝てなかったりします。

これを見て周りの大切な人が「タバコ」を吸っていたら、

一度禁煙を勧めてみてください。

 

きっと禁煙した先にはいい生活が待っています。

note.mu