営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

肝臓が気になる営業マン必見!脂肪肝と言われてたから肝臓の数値を下げる方法を3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

最近、健康に目覚めてきた。

というか今までが不健康過ぎたんだけど。

 

本日は、肝臓について書きたいと思う。

日頃からお酒を結構飲む人や、太っている人、

最近、風邪でもないけど、体調がすぐれないなんて人は是非読んでください。

 

僕自身もめちゃくちゃお酒を飲んでました。

しかもビール党。

学生時代はほぼ毎日。

社会人になっても週末は確実に飲んでたし、仕事柄付き合いも多く、

お酒を飲む機会が多かった。

そして単純にお酒が好きだった。

 

そして毎年の健康診断で毎回、肝臓の数値が高いと言うことで

引っかかっていた。

そして精密検査を受けると毎回「脂肪肝」ですと言われる。

 

なーんだ、「脂肪肝」か。

くらいに思っている人、多いと思う。

でも「脂肪肝」も立派な生活習慣病で、そこから大きな病気に発展なんてことも全然ありえます。

 

なので、今のうちから治すことが大事です。

1年で肝臓の数値を大幅に減らした方法と言うのを今回書いていきたいと思います。

 

そもそも肝臓の働きってどんなのがあるのって気になった方はこちら

 

www.c-kan.net

 

1、内臓脂肪を減らせ

これ肝臓と関係ないじゃんって言われること多いんですけど、

関係ないなんてことは言えない。

むしろ関係大有り。

 

「脂肪肝」もそうだけど、肝臓の数値が高い人は、

肝臓に脂肪がついているケースが非常に多い。

そして体内の脂肪率が標準より多い。

これは内臓脂肪を減らすしかない。

そうすることによって肝臓についている脂肪も一緒に落とせるのだ。

 

ではどうやったら内臓脂肪を減らせるのか。

ただ単純に食事制限をするだけではダメ。

有酸素運動をしなければならないのだ。

有酸素運動ってめんどいよね。

だからこそ、今の時期オススメのプール。

なぜプールがオススメなのかはこの記事読んでください。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

2、筋トレをしろ

先ほども言いましたが、とにかく脂肪を落とさなければいけない。

でも食事制限だけだと、脂肪と筋肉が両方落ちてしまう。

 

実は筋肉量が落ちてしまうのも「脂肪感」の原因につながります。

だからこそ、体の筋肉量というのは保っておきたいのです。

 

だからこそ、生活習慣病になる人は日頃の運動というのが不足しています。

定期的な運動というのは非常に健康につながるのです。

 

今の時代、無酸素運動だけでも痩せるなんて言われてもいます。

 

3、お酒の適量を考える

 

大体、肝臓の数値が高い人は、お酒をたくさん飲む人が多いです。

もしくは毎日飲んでいる人が多い。

 

お酒全く飲んでなくて、肝臓が悪い人はすぐに病院へ行ってください。

かなり問題です。

 

んでお酒って楽しくなってきちゃうとどんどん飲んで気づけば記憶を無くすまで飲んだり、次の二日酔いになっているなんてことが多い。

これがダメなんですよね。

 

僕自身もこのタイプでした。

どんどんお酒を飲んでしまう。

一気飲みなんかもしょっちゅうやっていました。

 

でもここで大事なのは何事にも適度があるよということ。

 

お酒をたくさん飲む人だったら、量を控える。

もしくは飲むペースをゆっくりにする。

お酒を毎日飲む人だったら、休肝日を作る。

 

これだけでも変わります。

 

僕は毎日飲むわけではなかったので、飲む量を変えました。

今は1杯、2杯で終わらせるようにしています。

 

もう少し飲みたいなくらいで止めとくのがいいのです。

 

もっと飲みたいなに変わるんですけどね、最初は。

 

 

終わりに

肝臓は沈黙の臓器と言われているだけあって、

比較的、自覚症状がないんです。

だから自覚症状が出た時には既に遅しみたいな場合もあります。

 

なので、日頃から労ってあげることが大切です。

 

肝臓は強い臓器でもあるので、気をつけていれば、かなりの速度で良くなっていきます。

特に若い人は。

 

健康は財産です。

 

肝臓は体の毒素を取り除いてくれる部分なので、大事にしていきましょう。