営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

新卒就活生必見!面接官が語る!面接が中々通らない人へ!通るための方法3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

この時期になると就活も大詰め!

内定もらっている人は安心しながら自分の行きたいところだけを

受けて受かったらいいなーと思える時期。

 

でも内定をもらってない人はとにかくどこでもいいから受かりたい!

そんな気持ちでたくさんだと思うんですよね。

 

確かに内定もらえないと不安ですよね。

この時期だと周りが内定もらい始めて焦り始める時期ですよね。

 

でもそんなに焦らないで。

面接に落ちる理由はそれぞれあるはず。

 

僕自身、新卒の面接官をやっております。

自分の採用基準を当てはめながら、どうやったら面接に通りやすくなるのかと言うのを今回は書いて行きたいと思います。

 

1、とにかく元気に明るく

僕の場合、これがない場合、一瞬でダメとなります。

営業職っていうこともあるけども。

 

新卒っていわば、社会人初体験みたいな感じだし、

ほとんどの大学生は普通に過ごして、アルバイトに時間費やして、

勉強は単位を落とさないようにして、飲み会に力をいれて、

と言う感じの学生がほとんど。

 

中にはプログラミングの勉強してましたとか、

自分でビジネスやってましたなんて人もいるけど、

基本的にはそんなに社会に出て即戦力になるとは企業側も思っていない。

即戦力は中途採用なんでね。

 

基本的に新卒採用というのは将来性を見たり、

この会社で長くやっていけそうか、合いそうかなんてところを見ていたりする。

 

なので、挨拶の声が小さかったり、暗かったりしたら

単純に大丈夫かな?と思ってしまいます。

 

今の時代、特に大学時代、輝かしいことをしていない場合、

暗い学生と明るい学生どちらを採用するかと考えた場合、

 

もちろん明るい学生ですよね。

 

面接に落ち続けると人間って不思議と気づかないうちに暗い雰囲気を出しがちです。

 

あなたにとって面接が30社目でもその企業にとってあなたの面接は始めてなんですから。

 

一つ一つ気持ちを切り替えて行こう!

 

2、社会人になった時の夢を持っておこう

 

時代の変化は確かにあると思うが、

面接をしていると、社会人になってこうなりたいとかこうしたいという夢がない人が多い。

 

もしくは用意されたテンプレートで本当にそう思っているか?と思うことばかり。

 

何度も言うが、新卒に期待しているのは即戦力ではなくて、

将来性。

 

なので将来の事を考えている人の方が、魅力的に感じる。

 

例えば、25歳までに年収1000万円稼ぎたいとか

 

そんなことでもいいんです。

大事なのは将来のビジョンがあるということ。

 

それに向かってどれだけ頑張れるかということ。

 

もちろん、会社に入ってこういう事業をやりたいとかも大事。

でもそれ以上に自分がどうなりたいかを見てます。

 

3、質問事項を何個も用意しとく

 

面接の最後に、「何か質問はありますか?」と必ず聞かれる。

 

その時に「何もありません」だとよくない。

あ、うちの会社にあんまり興味ないのかなとか

そもそもあんまり真剣に考えてないのかなとか

考えます。

 

何でもいいです。

質問をたくさんした方が、前向きな人に見えるし、

真剣に考えている人に見えるし、

単純に面接官の印象にも残ります。

 

僕自身、結構質問を大事にしている部分もあるので。

 

ただ、当日いきなり考えても出てこない場合が多い。

だからこそ、事前にある程度、調べて質問事項を何個も用意した方がいいでしょう。

 

ここを結構容易に考える人が多い。

何事に於いても質問というのは大事な事なのです。

 

今一度自分の面接に対する姿勢というのを考えておきましょう。

そのために企業勉強というのは大事かもしれませんね。

 

終わりに

 

どうでしたか?

今一度、自分の面接を見直してみてください。

元気に対応してましたか?

 

今の面接の事だけでなく、自分の将来について考えてましたか?

質問をするようにしていましたか?

 

これだけでもだいぶ変わります。

 

夏でスーツを着るのがしんどい時期で、

就活で面接落ちるとどんどん落ち込んでいって自分は社会に必要ないんじゃないかと勝手に決めつけたりしますが、

 

必要ない人材というのはいません。

大丈夫です、あなたを必要としている企業はたくさんあります。

 

自信を持って何事も取り組んでいきましょう。

www.imawoikiru-boku.net

 

この記事も参考にしてみてください。