営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!新卒で営業職をやってみる3つの理由!会社選びはどこですればいい?

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

今や時代は人材難となっていて、どこの企業もいい人材を欲しいと

嘆いている時代です。

 

そして来年就職を果たす就活生は本当に今の時期大変ですよね。

暑い中スーツを着ていかなきゃいけないし、履歴書を書くのは大変だし。

 

そもそも社会人なんて分からないし、どんな仕事もあるのか分からないから

どういった業種に自分が興味あるか分からないなんて人も多いですよね。

 

だからこそ、適当に就職活動をして、失敗してすぐ転職してしまう人も多い。

就活での会社選びって本当に大事ですよね。

 

僕は新卒で営業職をそんな方にはオススメしています。

 

結構営業職を進めると、

新卒の人ってあんまり良いイメージないんですよね。

 

もちろん、会社によってはあまり良くないイメージもあるかと思いますが、

営業職というのはとても魅力的な仕事です。

 

なぜ新卒に営業職をオススメするのかを書いていきます。

 

1、色々な業界に触れることが出来る

 

これは営業職の醍醐味じゃないでしょうか。

営業職以外の仕事をこの記事では普通の仕事と書かせていただきます。

 

普通の仕事だと顧客の業界も決まっていて、ある程度、世界が狭いことが多いです。

この業界のことを勉強しておけばオッケーみたいなケースが非常に多いですね。

 

それが簡単といっているわけではありませんので。

 

新卒は実際、業界について詳しくありません。

実際にどんな業界なのか、どんな仕事なのかというのをあまり分からないまま、社会に出ます。

 

なので、営業職という様々な業界に触れる職種に就くことによって

視野を広げることができます。

本を読んで勉強するだけでなく、実際にその業界にいる人の話を聞くことができ、

話をすることができ、提案できるのです。

 

視野を広げることができる、これがいいところですね。

 

2、自分の価値を高めることができる

営業職というのは確かにチームで動いている部分もあると思いますが、

基本的に提案やプレゼンテーションなどは1人でやります。

 

なので、自分自身の力をつけることができます。

 

なかなか、相手先の企業に行って自社の商品を提案して買ってもらうということはいい経験になります。

 

自分の力で販売出来た時には大きな成功体験になるでしょう。

 

その成功体験を積み重ねることができるので、自分の成長を感じれることができて、

なおかつ、自分の価値を高めることにもつながります。

 

商材をたくさん販売できる、成果を残せる営業マンは多いに価値が高いです。

どの企業も欲しがる人材になれることでしょう。

 

3、ビジネスの根底を学ぶことができる

営業とはモノを売って買ってもらうことです。

そもそもビジネスの根底には、

商品が存在し、それを売る人がいて、買う人がいるからビジネスとして成り立ちます。

 

すなわち、営業というのはビジネスの根底にあるものなのです。

 

僕自身、営業を極めればどんなことでも出来ると信じています。

 

営業が出来れば起業だっていくらでも出来ると思う。

 

だからこそ、早い段階からビジネスを学ぶといった点で、

新卒から営業職につくべきだと思います。

 

商品自体を仕入れることはさほど難しいことではありません。

問題は良い商品があるにもかかわらず、販売力が弱いというのがよくあるのです。

なので、営業代行という形で販売することはいくらでも可能です。

可能性は無限大に広がります。

そして営業代行は単純に儲かります。

 

終わりに

 

どうでしたか?

新卒や就活生の人は食わず嫌いで営業職を遠ざけてみるのではなく、

1回見てみてください。

決してマイナスになるなんてことはありません。

必ず良い経験になるでしょう。

 

面接を受けるのはタダなので、自分で受けてみて判断してみてください。

いくらでも企業を見てみても良い時期なのですから。

 

1回しかない新卒というブランド。

大事にしてください。

 

note.mu