営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!疲れている時に休日に映画を見るべき3つの理由!自律神経を高める!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

みなさん、映画って好きですか?

僕自身、映画って史上最高の発見というか制作物だと思ってます。

人類が誇れるものだと思います。

 

たった2時間くらいの間に色々なストーリーを盛り込み、みている人に感動や衝撃を与える。

素晴らしい費用対効果だと思います。

 

仕事で疲れた時、正直、何にもやる気が起きなかったり、

寝てしまうって人多いと思うんですけど、

休日にずっと寝て過ごすのは自律神経的にもあまり良くないんですよ。

 

ただただ寝て休めばいいってものではないんです。

余計に疲れがたまってしまうという負のスパイラルに入ってしまいます。

 

んで今回そんな疲れた休日に映画を見ることで自立神経を高めることができると思い、書かせていただきました。

 

泣ける映画はストレス発散

 

これ本当なんですよね。

僕自身、全然泣かない人なんですけど、泣くこと自体は本当にストレス発散になります。

なので、泣ける恋愛映画やヒューマン系の映画を見るととてもいいかもしれないですね。

ちなみに個人的に泣ける映画としてオススメなのが、

「グリーンマイル」

「ものすごくうるさくてありえないほど近い」

「最強のふたり」

「しあわせの隠れ場所」

 

などですかね。

自分自身、邦画をあまり見ないのと、邦画はお涙頂戴系が多いような気がしてあまり見る気になれません。

基本病人だし。

でも最近の邦画で面白かったのが、

「50回目のファーストキス」です。

www.imawoikiru-boku.net

これはみてください。

 

映画は想像力を掻き立てる

映画って夢のような世界ですよね。

まるで頭の中は夢の国になれる。

実際に現実味がない世界観でもこんな世界だったら自分はどう生きていくだろう。

こんな行動を取れるだろうか。

 

そもそもこんな世界だったらもっと面白いことができるんじゃないか。

と頭の中がクリエイターになって色々なことを考え幸せな気分になれます。

 

疲れている人は確かに体が疲れている部分もありますが、やはり心が疲れている部分が多いと思います。

なので、心を休ませるためにも夢を持たせるのです。

こんな世界面白いな。と

そうすることで心をハッピーにできます。

 

自分と向き合うことができる。

映画を見ることで実は自分と向き合うことができるんですよね。

どんな映画を見るかにもよりますが、自分の本当にやりたかったことが見えてきたります。

自分は本当はこういうことがしたかったんだ。

こういう恋愛がしたかったんだ。

こういう友達が欲しかったんだ。

こういう旅がしたかったんだ。

 

そうすることで自分と向き合える時間になるのです。

疲れているからこそ自分と向き合い、確かめる時間が必要なのです。

 

終わりに

 

映画は本当に素晴らしい。

あなたの想像力を掻き立て、ストレスを発散させ、自分と向き合うことができる。

これ以上の休息はないでしょう。

休息というのは寝ているだけではできないのです。

自律神経が弱っているなという方も自律神経を映画によって高めるということはできます。

 

もっと映画の力を借りてほしい。

そして映画好きなコミュニティも作りたい。

 

時間は作りましょう。

映画は長くても2時間半とかで終わります。

あなたのその飲み会。

映画の時間に当てられませんか?

 

自分のために時間を使いましょう。