営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

トップ営業マンが語る!出来る営業マンが普段から行っている行動3選!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

営業マンブロガーと言いながら最近、営業の記事を書いていなかったと気付いたので、

ちょっと営業の記事を書いていきたいと思います。

今回は出来る営業マンが行っている行動を書いていきます。

 

出来る営業マンと出来ない営業マンって言葉はあんまり好きじゃないんですが、

検索結果のことも気にしてなので、ご了承ください。

そもそも自信が大事なんて記事も書いているので、良かったらみてください。

www.imawoikiru-boku.net

 

1、出来る営業マンは言い訳をしない

 

人間とは言い訳をする生き物である。

何かと言い訳をする。

 

うまくいかなかった時に。

それが愚痴として出るのだ。

この言い訳を出来る営業マンは言わない。

もちろん、結果が出ているから言い訳をしないなんて言ってくる人もいるだろう。

 

それは違う!

 

順序が逆だ。

言い訳をするから結果が出ないのだ。

言い訳をしないから結果が出るのだ。

 

商材のせいだ。

顧客のせいだ。

プレゼン資料のせいだ。

会社のせいだ。

上司のせいだ。

 

これをやっているようではまだまだ。

営業というのはよっぽどの商材でなければ、売れないのは間違いなく自分のせいなのだ。

基本的に商材以外は自分自身でどうにか出来る。

そもそもよっぽどの商材を販売している会社はすぐにつぶれる。

 

結局は営業は自分自身が全て要因だし、原因でもあるのだ。

なのに言い訳をして自分を肯定化しようとする。

でも原因は自分にある。

出来る営業マンは言い訳をしない。

自分の何が足りなかったのかをまずは考える。

 

2、知識を埋め尽くそうと思うな、経験を詰め込め

よくあるんだけど、商品の知識がないので、販売できないです。

確かに必要最低限の知識は必要だ。

ただ、これだけ知っていれば商材は売れる。

 

その商材によってお客様にどういったメリットを生むことが出来るのか。

その商材によってお客様に与えるデメリット部分はどういったものがあるのか。

 

これを最低限知っていれば商材は販売することができる。

 

プレゼンの前に準備は確かに必要だ。

ただ、最初の方は準備をしすぎるのはよくない。

知識を言い訳にしてはいけない。

 

まず大事なのは現場での経験を積むことだ。

よく勘違いしてしまうのは知識をつけてから現場を回ろうと、現場を最初から遠ざける人だ。

大事なのは現場を回りまくることだ。

営業マンの経験というのは現場でしかつかない。

その現場を遠ざけているようじゃいい経験は積めない。

まずは現場に出よ!

 

3、目標を立てる!

これをやらない営業マンが多い。

なんでもいい。

1年後にこうなりたいとか、

1ヶ月でこの成績をつかむとか。

半年後にこのくらい稼いでたい。

 

そういった目標を立てることが必要だ。

 

目標を立てないとどうなるか。

 

それは日々の自分の成長の進捗が追えなくなる。

自分自身が成長しているのか分からなくなる。

そして日々の努力の意味を見出せなくなり、なぜ自分は頑張っているのかと言う問いに対して自分自身が答えることが出来ずに、頑張ることをやめてしまうのだ。

 

なんでもいい。

自分自身でまずは目標を書き出して、デスクの上にでも貼っておこう。

 

そうすることで、日々の行動の指針も決まってくるし、

短期的にも見えるものがある。

 

終わりに

営業マンは確かに正解がなく、実際に販売出来たら正解というところがあるからこそ楽しい。

やり方は自由だ。

考え方も自由だ。

 

だからこそ、自分なりの良さを見つけ、出していくことが大事だ。

 

note.mu