営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

自分自身を面白くない思っている人へ!これだけやれば自信を持てる3つの方法!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

よく、あの人は面白いなーとか

芸人さんだからやっぱり面白いねーとか

(芸人さんは流石にお笑いに努力してるから別になるけど)

あの人みたいに場を盛り上げられたらいいなーなんて思ってる人結構いますよね?

 

でも自分はそういうタイプではないし、人見知りだし。

という言い訳を並べれば確かにそれならいいんじゃないって終わってしまうかもしれない。

でもそうではなく、一度でいいから飲み会の主役になってみたいなんて人がいる。

 

実際になれるというのをこの記事を通して書いていこうと思う。

 

自分自身がなぜ面白くない人だと思っているのか

 

それは単純に決め付けているだけだったり、自己理解が足りてなかったりするからです。

単に自分の自信がないというだけの話。

自己理解についてはこの記事をみてください。

www.imawoikiru-boku.net

 

自分を面白いと決めるのは他人と思っているかもしれません。

でも自分自身を面白いと思うのは自分自身なのです。

これを間違えると大きな勘違いを生みます。

 

まずは自分が自分自身を面白いと思わなければならないのです。

 

どうやって自分に面白いと自信を持たせることが出来るのか

 

これにはまず、自分の良いところ、嫌なところというのを書き出してみよう。

良いところはわかるという人も多いと思う。

面白さに直結するからだ。

ではなぜ嫌なところを書き出すのか?

 

人は良いところを見て面白いと感じるよりも嫌なところを面白おかしくしゃべることによってネタになり、

面白いという格付けに当たるからだ。

要するにダメなところをプラスに出せる根拠のない自信が必要になってくる。

 

www.imawoikiru-boku.net

 

自分にとってはダメな所でも人にとっては面白かったりもするのだ。

 

なので自分自身を面白いと思ってあげることが非常に大事だということ。

 

自分で喋って自分で笑う!これ以上の必殺技はない!

 

僕自身、そんなに面白い人間でもない。

至って普通の人間だ。

だから特殊な体験や経験をしているわけでもない。

だからこれといって鉄板のすべらない話があるわけでもない。

ではどうしたらいいか。

 

めちゃくちゃ簡単なのが、

自分の話したことを自分で笑ってしまうというのだ。

これは本当に最強。

相手がたとえ面白くないと話自体を聞いて判断したとしても面白そうに話をしている人を見て面白いと人は判断するのだ。

だから滑った時でも自分から思いっきり笑ってしまえばいい。

 

そうすることで自分もなぜか楽しくなってくるし、相手も楽しくなってくる。

 

とにかくめちゃくちゃ喋れ!

 

これ当たり前だけど結構難しかったりするんよね。

確かに相手の話を遮って自分が話すのは論外。

何かと突っ込んであげたり、話を聞きながら相槌打ったり。

とにかく自分が1番言葉を発するようにする。

人は不思議なもんで、話をよくする人に話しをさせようという傾向がある。

その方が楽だからだ。

またその話をしている人が面白ければ面白いほど、話を聞きたくなる。

 

だからこそ、そう思わせるために、発する言葉の量というのはめちゃくちゃ大事なのだ。

 

終わりに

 

このように書いてみたが、僕自身、最初は人見知りで面白くないと言われ続けた人間だった。

でもそのままで終わって溜まるかってことでどうやったら面白く思えてもらえるだろうかというのを必死に考えて行動して実践した。

 

大事なのは行動を起こす勇気を持つことだ。

何も頭の中で理解しただけでは何も変わらない。

試してみて嫌われてもしょうがない。

それはあなたが頑張った経験にもなるから。

www.imawoikiru-boku.net

 

嫌われたとしても大丈夫。

それを続けていくことでいつしか周りからの評価は

つまらないから面白いに変わってくるから。

 

面白いと思える人生を。