営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

自立神経失調症が辛い方!すぐイライラしちゃう人!仕事は休んでいいもの!その3つの理由!

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

実はこの度、自分自身の「自立神経失調症」が酷くなりそうだったので、

合計で19連休を頂くことになりました。

というかもらいました。

 

元々お盆休みもあったんだけど、それまで頑張ろうと思っていたが、

体が言うこと聞かなくて休むことを決意しました。

 

「自律神経失調症」で悩まれている方や精神的にしんどくて辛いという人にこの記事を見てもらって少しでも楽になればいいと考えています。

 

すぐイライラしてしまうというのは危険のサイン

 

いつもなら全然平気なこともタイミングによってはイライラしてしまったり、怒鳴ってしまったりすることないですか?

すぐイライラしてしまうというのは心が一杯一杯ですよというサインです。

休んでください。

体の疲れと心の疲れは比例しています。

まずは体をじっくり休めてください。

 

会社休めない、休んだら怖い、休むと言いづらい

 

結構こう言う人多いと思う。

特にうつ病や自律神経失調症にかかる人は真面目だったり責任感が強いという人が多かったりします。

あので、実際にしんどくても休むと言いにくいというか言えないで頑張り続けて取り返しのつかないことになってしまうというケースが多いです。

 

僕は声を大にして言いたい。

良い意味であなたが1日や1週間仕事を休んだくらいで、会社が潰れるくらいならそんな会社ない方がマシです。

 

今すぐ休んでください。

 

休むことが悪いことではない。

もちろん、ずる休みとか仕事だるいから休むというのは論外ですが。

しんどい時は休んでも良いんです。

安心してください。

会社は回ります。

 

逃げることは悪いことではない。

 

よく仕事を辞めることや転職したりすることは逃げだ。

最低3年間は続けろなんていう人がいますが、今の時代、こんなのナンセンス。

時代は変わってるんです。

今じゃ普通に転職が当たり前になっているし、学生の時から起業して社長になっているなんて言うこともザラです。

 

だから逃げるっていうのは戦った証拠なんです。

逃げてもいい。

あなたの心の健康が一番大事。

 

何事にも変えられない。

今の時代、働き方というのはいくらでもある。

そんなに会社に依存しなくても大丈夫。

 

上司や会社に理解を求める

 

これは今まで会社には「自律神経失調症」っていうのは隠していたんです。

というか言えなかった。

今回初めて打ち明けて休みを貰うということで理解してもらいました。

もしかしたら今後、働いているうちに僕と同じ症状の人が出てくる可能性もある。

そんな時に理解してもらえる環境があった方がいいと思うんです。

だから信頼できる上司に言うというのは一つの手としてありだと思います。

 

周りの理解というのも非常に大事です。

 

今回休みをもらえてまず思ったこと

ストレスやらプレッシャーやら解放されてとにかくワクワクしています。

この期間は自分の好きなことだけをやろうと決めています。

少しでも嫌なことはやりません。

 

そして仕事をしなければならないというのが人生のどれだけの重荷になっていたのかわかりました。

確かに、生きて行く中で労働というのは大事です。

ただ、それが1番になってはいけないなと。

 

生きていくにはお金もある程度必要ですが、楽しいという感情が一番必要なんです。

 

ただ、仕事に圧迫されていると途端に楽しむと言うことを忘れてしまうのです。

怖いですね。

 

辛くなったらすぐ休む。

そして自分の好きなこと、やりたかったことというのを今一度整理して考えてみるんです。

 

確かに「自立神経失調症」の症状はかなりしんどいし、これが一生続くのかと思うと生きている意味あるのかなんてことも思ってしまう。

 

でも楽しいという感情を思いだせるように少しの期間でもいいから

楽しいこと、したいこと以外はしないという期間を作ってください。

 

それがまた生きる糧になります。

 

僕自身、これからの生き方、働き方とういのをすごく考えている期間でもありました。

 

今確かに同年代と比べるとお金は稼いでいる方だと思います。

でも僕自身、お金もそうだけど、「時間」の方が大事なんじゃないかなと思いました。

これに関しては別の記事で書いていこうと思うんだけど。

 

自分の親父にも言われました。

「仕事がストレスになるならやめてしまえ」と。

 

珍しく今時な親父だと思いました。

 

終わりに

 

「自律神経失調症」は確かに辛い。

怖い。不安。緊張全てが押し寄せてくる感じ。

でもそれと付き合っていく生き方を選択することはできる。

それは自分自身で作っていくしかない。

でも作れる。

 

仕事をすることが人生ではない。

ストレスを抱えることが生きていくことではない。

好きなことをせっかくの人生なんだからしてみようと思う。

 

好きなように遊んでいる人生が一番良いと思う。

 

そういう風に気づけるこのタイミングで休めたことは非常によかった。

 

こうしてブログを書いているということは、

もちろん同じ症状の人に伝えたいというのもあるし、ブログを書くこと自体が好きなことなんだろうなとも気づけた。

 

好きなように生きていこう。

周りの目なんか気にするな。