営業マンブログ〜営業ノウハウと自律神経失調症について〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方、自律神経などのメンタル部分の記事を書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

デブでもモテる、イケメンでもモテないその心理学!意味不明なプライドは捨てる!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

最近、自分の経験をアウトプットしているだけなので、難しく考えず、

ブログ書いてます。

週末は以前の週末お会いした、しみさんとの出会いをブログに書きたいと思います。

 

今回は

「デブでもモテる、イケメンでもモテないのはなぜか?」

ということを記事に書いていきたいと思う。

 

自分自身の経験に基づいて書いているので、独断と偏見です。

 

僕自身、今相当なおデブさんです。

でも以前はサッカーをやっていた関係でだいぶ痩せておりました。

 

痩せていたころはガッツリというわけでもないけど、そこそこモテていたように思う。

彼女がしょっちゅう出来たり、逆ナンをされた経験もある。

 

ドラマでしかないと思っていたけど、本当にあるんだなと。

その頃はLINEなんてものは存在しなかったので、全てメールの機能を使っていた。

 

電車で寝ていて自分の降りるべき駅の寸前で起きて、急ぐように下りていった。

そしたら「すみません!」と女性から話しかけられて、

最初は落し物何かしたかなと思って振り返ると、紙を急に渡されて、

「良かったら連絡ください!」と言われて逃げ去るようにいった。

 

という経験がありました。

 

女性からモテるために大事な要素は、「外見」を1番にみんな上げるように思いがちだが、そうではない。

外見は確かに突破口を開くための最初の布石でもある。

でもそれだけだ。

 

ではどうしたらいいのか。

 

僕自身、「一緒にデートしたら楽しそう」と思わせることが大事だと思う。

 

そして1番やっていけないことは女性の前で男性は自分の自慢をあんまりしてはいけない。

凄いって思ってくれる半面、つまらな!って思われてしまうことが多い。

自分の話ばかりする人は基本的にもてない。

 

逆に話を引き出してくれる人はモテる。

 

要するに会話術というのが凄く大事になってくる。

よく考えていて欲しい。

置物みたいなイケメンといるのと、めちゃくちゃ笑わせてくれる人とどっちと一緒にデートしたいかと言われたとき、だいたいが後者を選んでくれる。

 

会話術。

 

これはとても難しい。

自分自身、結構人見知りする部分もあるし、知らない人がいると気を使ったりしてしまうタイプ。

大勢の飲み会はあんまり好きではない。

 

上手く話しを回して、相手の好きなネタを引き出すのだ。

そしてあたかも自分は知っているかのように話す。

自信が無くてはいけない。

 

自分の周りのモテる人は、この会話術が抜群に上手い。

 

んで会話のつまらない人はもてない傾向にある。

 

身内ネタにすぐ走るのも絶対だめ。

 

こういう考え方を変えることでモテることが出来る。

 

外見だけですべて終わらせるのはあまりに勿体無い。